母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

くじらとキラキラ

我が息子は、雲を指差して『あ、くじら!』と言う。
同じように、夜空を指差して『キラキラ、きれい』と目を輝かせる。

彼は時々、生活することで精一杯な私を救ってくれる。

買い物の途中で下の子がグズリだし泣き続ける中、オムツにペットボトル2本にビール6缶などなどヘビーな荷物を担ぎ、必死の形相でベビーカーを押す私・・・「あぁ、牛乳買い忘れた・・・」「郵便局寄るの忘れた・・・」「早く帰らなきゃ・・・」とブツブツ言いながら黙々と歩く私・・・

そんな母に、息子は時々空を見上げる心の余裕を取り戻させてくれる。
初めて言われたときは、「なに?くじら?!」と、指差す方をみてそれらしきものを探した。よくよく見ると、モクモクと大きな入道雲がその正体だった。
なるほど、確かにくじらのような形だ。我が息子ながら、二歳児の割りにその表現力には驚き、感心し、誉めまくった。

それ以来、外遊びの時や買い物帰りなど、時々思い立ったように空を指差して「あ!くじら」と言う彼。
こんな寒空に漂う雲は、もう薄っぺらくてボワ~っとかすんでいて、入道雲の頃のようなくじららしい面影はない。
でも、彼なりの母への思いやりかと思うと、「ほんとだね、くじらさんみたいに大きいね」と言いながら笑顔が戻ってくる。

またある時彼は、夕食の支度やお風呂の準備でせかせか動き回る私に呼びかけ、出窓のカーテンの隙間から夜空を指差す。
手を止めて外を見ると、見事な満月!別の日には満天の・・・とまではいかないが、都心にしては上出来な星空!!
荒れて乱れまくっていた心が、静かになっていくのを感じる。

子供の言葉は決して無視してはいけない。これは育児の基本中の基本かも。
でもそれは、子供のためだけではなく、親のためでもあると思う。
子供の言葉や態度の一つ一つが、親を救ってくれたり助けてくれたりするから。
f0017462_2233927.jpg
やっぱり、子供は天使なのかもしれないと思うことが、多々あるのです。
[PR]
# by kaokenken | 2005-12-15 21:27 | 育児
私とダンナは、付き合って4年目で結婚、結婚してからはもう3年たつ。
付き合っていた頃はとにかくケンカが多かった。
親の前でも友達の前でも、よくケンカしていた。
でも、結婚してからは激減・・・というかほとんど皆無。
そのワケは、まぁケンカのタネがつきたとか、ケンカしつくしたとか、
そんなところかなぁと思っている。
ダンナの仕事が忙しいから、せめて一緒にいられる時間だけは
ケンカなんかで無駄にしたくないという気持ちもある。

反面、ケンカができないと悩む夫婦もいる。
夫婦の問題が解決しないと。
ケンカって本音と本音がぶつかり合うから、思ってもいなかった
相手の気持ちや自分の気持ちでさえも知るところとなる。
解決すべき問題がある2人にとっては、ケンカってとても大切かも。
もちろん、出来るなら冷静な話し合いを優先すべきだけどね。

だって、ケンカの最中って熱くなっちゃうから、売り言葉に買い言葉で
相手をとても傷つけてしまうことがある。言ってしまってから後悔したり、
言われた場合だってかなり撃沈・・・しばらく浮上できなくなるから
仲直りどころの話じゃなくなる。

こうして考えると、夫婦円満の秘訣って、なんだろう。
広瀬香美バリに、『愛があれば大丈夫♪』なんて以前は思っていた。
もちろん今だって、基盤に2人の愛情があれば何とかなると思ってる。
でも現実問題、夫婦として一緒の人生送っていく中で、そればかりじゃ
どーにもならないことが、多々起こる。
で、現時点の私の中での結論は、夫婦円満の秘訣は・・・
『努力・忍耐・思いやり』
これに尽きる。
どっかのスポ根標語みたいだが、これさえ心がけていれば
まず夫婦間は荒れない。
ケンカをした時だって、忍耐と思いやりがあれば、ある程度のところで
おさまる。
虫の居所が悪そーなダンナにイラッとした時も、忍耐してせっせと
食事の支度やお茶入れをし(ここは努力)、思いやりをもって
労いの言葉を一言かけるだけで、もうダンナはゴキゲン。
こっちにも労いの言葉が返ってくる。
で、何か言いたいことがあったら、こういう時に言ってしまえば、
ダンナも聞く耳を持ってくれる。

20年以上他人として生きてきた2人だもん、一緒に暮らしていて
波風立たない方がおかしい。
お互いの性格を少しずつ理解しながら、2人ならではの
話し合いの持ち方や、ケンカ回避方法が見つけられれば理想的。
[PR]
# by kaokenken | 2005-12-14 16:38 | 夫婦

めずらしく

2人とも寝ているので、時間が出来た。
長男は昼寝を始めてから2時間寝っぱなし。
こういう時間をムダにしてはいけない!
さっさと家事を片付けた。でも一切騒音をたてず
・・・忍び足で部屋中を行ったり来たりする
自分の姿が笑える。

先月次男が産まれてから、長男は荒れている。
普段はとても良い子で、次男をいじめるどころか
あやしたりしてくれて、本当に良いお兄ちゃん。
でも、時々爆発するみたい。
ただ、ストレスのはけぐちが見つからない様子で、
結局親やおもちゃに少しだけぶつけてあとはガマン、という感じ。

ふと気づくと、最近長男が描く絵は、黒や紫の殴り書きが多くなっていた。
以前は様々な色で電車や魚、動物、人の顔も描けていた。
ひたすら殴り書きをしている長男の背中を見て、涙がこぼれた。
育児や家事に追われていっぱいいっぱいになっていたこと、
その結果長男の気持ちに気付けなかったこと、申し訳なく思った。
「ごめんね、ごめんね」と何度も繰り返しながら抱きしめた。

この3日間は、長男を特別扱いしてあげるようにしている。
次男が泣いてしまっても、少し耐えてもらって先に長男の
世話をしてやっている。
少し心のバランスが取り戻せたのか、長男もまずまずご機嫌。

育児って、難しいなとつくづく思う・・・
まさに試行錯誤。子供と一緒に泣いたり笑ったり怒ったりしながら、
親も成長していく。
[PR]
# by kaokenken | 2005-12-10 17:03 | 育児

育児日記を兼ねて

育児日記って、ぜったい書いておくべきだと思っている。

でも、実際にやってみると3日と続かない。

家事や育児に追われる毎日で・・・と言えば聞こえはいいが、

ようはやる気の問題。

幸いなことに、友人がブログを立ち上げたことをきっかけに、

エキサイトブログへ訪れることが増えた。

いい機会だから、自分のブログも立ち上げてみよう!!

と、一念発起☆

ついでに家事についてとか、夫婦のこととか、色々語れたら

面白いかも。

せめて週に一回は、想うことをぶちまけたり写真をアップしたり

ブログらしいものを続けていけたら良いな♪
f0017462_11432955.jpg
[PR]
# by kaokenken | 2005-12-10 11:39 | 生活