母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

猿芝居

営業ってのは大変だよね、演技も必要だもんね。
でもさ、そりゃないよ~バレバレだって~っていう演技を目の前でされちゃうのって、こっちのほうがこっぱずかしくなってしまうんだけど;;

昨日車の査定に来てくれた某大手Gの営業マン。
感じ良かったんだけど・・・お客様の希望に近い査定額を出すために、ちょっと上司に確認とっていいですか?のあたりから、なーんか怪しーい雰囲気。
その電話、つながってないよね?だいたい、客の前で電話ってダメでしょ;社会常識的には、フツー席外すでしょ;;
前に引っ越し屋さんの見積もりとった時も同じ手法だったけど、その時の人はホントに演技が下手で、騙されたふりをするのも大変なくらいだった。
この人はそれよりかはいいけど、でもねぇ・・・

結局査定額は満足のいくものではなかったので、早々にお引き取り願うと、急に『いや、プラス10万までなら大丈夫かもしれないです!』と。でももうすっかり下手な芝居にウンザリしていたし、駆け引きに乗る気も失せたので、いやいいですとお断り。
そしてら帰ってすぐに電話があり、『上司からの話で、プラス20万までいけそうです!』だって。
舐められたもんだ(怒)
ちなみにその額は惜しくも私の希望額までもう一声ってとこだったので、残念ですがゲームオーバーです。


猿芝居第二弾は、不動産屋がやっちゃってくれたよ。

土地を買うか悩んでいた私たち。でも気持ちは前向きだったから、ひとまず銀行の事前審査を通して、借入可能額を見てから資金繰りを考え、申し込みは私の退院を待ってから早くて今月末で・・・と担当者にはお願いしていた。
その不動産会社SFは、売主から専任されていたので結構な決定権があって、他社から土地申し込みがかかっても少しは間を持たせたりハネることも可能だと言っていた。だから、私たちは最初に申し入れをしたし、建物もSFと同系列のハウスメーカーで建てようと思っていたから、優先的に対応しますと言ってくれていた。

で、ことの始まりは火曜日。
SFの担当者から電話があり、『実はハウスメーカーMHを通して、不動産会社SRから土地の申し込みが来たんですけど・・・そういった申し込みはされてませんよね?』と。
MHは、私たちが一番気に入っていたハウスメーカーで、ギリギリまでどっちにしようか悩んでいたところだった。でも、坪単価が高いしSFのほうが色々値引きで融通がききそうだったので、MHは諦めたという経緯があった。
判断材料でMHには見積もりを作ってもらったが、申し込み云々の話はしていないので・・・
『そんなことしてませんよ』と答えると、『そうですか、それならいいんです。念のため昨夜のうちに土地を押さえておいてよかったー』と、自分が何やら昨夜のうちに手続きを済ませていたことで、その申し込みをハネることができそうだという話で、安心してくださいと電話を切られた。

そして昨日。
『ローン審査の結果と、例のSRからの申し込みの件で折り入ってお話が・・・』ということで、自宅にきたのだけど。
まず、SRが強引に申し込み書類を作成して持ってきてしまったと。
『MHさんに見積もりを出してもらった時などに、まだ土地の契約をするか迷っているようなことを言ってしまいませんでしたか?』と聞かれ、確かにそんな話はしたなぁと答えると、『あーやっぱりー』と・・・
どうやら、そのMHの担当者が、この客は土地を買う気がないしMHで建てるかどうかもわからない。だったら、MHで確実に建てると言ってるこっちの客に、この土地を紹介してしまおう!という流れで、その申し込みが入ったのだろうと。
でもMHには不動産部門があるんだし、そこにお願いすればいいのに、なんで別の不動産会社のSRが仲介なのかを聞くと、『そこは、MHの不動産部門は一度ハネたことがあるので、もっと強気に出られる会社をということでSRに話を持っていったんだと思いますよ』と・・・

そんなややこしいことすると思えないんだけど;
しかも、その申込書を実際に見せてくれたけど、個人情報保護のために署名欄は消してあるんだし、本物かわかんないじゃん??SFとSRって同じグループ系列で兄弟会社みたいなもんなんだから、用紙をもらって書類偽造することなんて簡単なんじゃないの???
と、疑問は尽きない。もしその書類がMHの不動産部門のものであれば、さすがに他社の用紙は手に入らないだろうからホンモノかなぁと思えたけどね。

結局、MHの担当者が裏切り、土地購入を迷っているという情報を横流ししたため、『買う気がないなら無効だ、こっちの客を通せ』と強引にきたため、申込書をハネることが出来なかったと。
しかも、その申込書には売値がそのまま書いてあるので、この値段で買ってくれる客がいると売主にわかってしまうから、申し訳ないけど値引きを出来ない状況になってしまいましたとな。(ローン審査が通ったら値引き交渉をしろと言ってあったので)

まぁ値段はさておき、申込書はあくまで先着順なので、ローン審査が通ったしっかりした人だと売主に話を通せば、予定通り購入できますとな。
銀行のほうは必要書類があと数点必要なのと、自動車ローンが完済出来れば希望満額借りられそうだと。

というわけで、ここで決断してくれれば審査は明日の金曜日には確定だし、その時点で土地申し込みも確定です。


実は私、金曜の夕方に、その渦中のMHの担当者と会う約束をしているのだけど・・・
図面が出来てるので、お見せしてそれに基づき見積もりを修正してみましょうというので。
そんなこと言う人が、こんなことするわけないよね~。
でも、その約束をしてるってことは、というか図面を引いてもらってるってことすら、SFの人には内緒にしてたんだよね。

だから、これらはみんな、私たちにローン満額借りさせて(満額借りれなきゃ今回の話は諦めると話してあったので)、かつMHで建てさせないようにして、早いとこ契約をとるための、猿芝居だろ!!
むーかーつーくー(怒)それに、ガッカリ・・・
人って信用できない(涙)


まぁ、100歩譲ってこれが全部事実だったとしても、こうもゴチャゴチャするようでは縁がなかったんだと思うし、諦めもつくわよ♪
ゆっくりゆっくり将来設計☆そして貯金じゃ!!
[PR]
by kaokenken | 2010-06-04 15:02 | 生活