母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

世界が広がる

機嫌が良いと、お座りで一人遊びしてくれることが多くなったkyouちゃん。
ダンナ実家へ遊びに行った時も、お兄ちゃんのベイブレードの部品などで遊んでいました。
すると、それに反応し近づいてきたのが・・・
f0017462_10503941.jpg

kyouちゃんに負けず劣らずのイタズラっこ、シナモン♪
おもちゃをぶんぶん振り回すたびに、それが意図せずシナモンを刺激するようで、二人で何となく絡んで遊んでいるように見えるのが、とっても可愛く可笑しいです☆

f0017462_10535486.jpg

そんなkyouちゃんにメロメロ、可愛くてたまらない様子のお兄ちゃん♪
シナモンはハッと我に返り、堅い表情;


いとこたちとのゲームにも、一丁前に参加している風・・・
f0017462_10572449.jpg

身体の発達につれて、どんどん視界が変わり世界が広がっているようです☆

美しいものや興味深いもの、色々なものをどんどん見せてあげるからね!
そのキラキラした目にはどんな風に映り、どんな風に吸収していくんだろうね!!
お話しできるようになったら、教えてね♪♪♪
[PR]
by kaokenken | 2010-04-28 11:00 | 育児

初節句

f0017462_11125470.jpg

f0017462_11125436.jpg

kyoutaの初節句なのに、こんなギリギリになってやっと兜を出しました;
兄ちゃんたち作成の鯉のぼりと一緒に飾り、とりあえず一安心♪

スクスク元気に育ってくれますように☆

もう一枚は、昨日ダンナ実家へ遊びに行く前に寄ったズーラシアにて♪♪
半年前に行った時は、まだまだkyouちゃんは寝る専門だったけど、今回は動き回るサルなどを食いつくように見ていました!
あとの動物たちはあまり動いてくれなくて、kyouちゃんの視界には捉えられず;;

もう少し動物さんたちの予習をして、また行こうね☆
[PR]
by kaokenken | 2010-04-26 11:12

ファブリーズ

決定です!
あのCMを見ると、我が家の十数年後を容易に想像できますが;
出来ることならそこに花をそえる感じで、娘が一人欲しかったんだけど…

昨日、セカンドオピニオンをとるため紹介状と検体のプレパラートを手に御茶ノ水まで行ってきました。
そこの病院は子宮癌に関してかなり評価の高い病院で、病理の読みも信頼できるとのこと。

結果、やはり切除しきれていない癌細胞がある可能性大ということで、そちらの先生も子宮全摘出が第一選択という見解でした。

子宮だけで済むんだからありがたいと思わないとね!
浸潤していたらもっと大きなオペになるし、ホルモンバランス崩れたり排尿障害起こしたり浮腫に苦しんだり…
そんな母の姿を見てきたから、この程度はたいしたことじゃないと頭ではわかってます。

でも正直、戦線離脱したような敗北感が…
女の子産みたかったのに、産まないんじゃなくて産めなくなっちゃったというのが、悔しい。
ダンナに、娘を抱かせてあげたかった。

毎回出産の度に、ひそかに女の子を楽しみにしていたダンナ。
もちろん男だったからってガッカリしたりしないし、心から喜んでいたし今も変わらず息子たちを溺愛しているけれど、やはりいつかは娘に出会えることを夢見ているはず。

だから、申し訳ないという気持ちと情けない気持ちと、やはり悔しい気持ち。

ごめんね、パパ(涙)お嫁さんに期待しようね☆


手術はたぶん来月か再来月。
夏休みまで待ちたいと言ったら、そんな悠長なこと言ってる状況でもないですと;;
でも子供たちのこともあるし、先生と相談して決めていきます!
[PR]
by kaokenken | 2010-04-21 10:24

慌ただしい毎日

f0017462_9395131.jpg

お兄ちゃんの登校についていくため、毎日6時半には半ば強引に起こされていたkyouちゃん。
とうとう昨日からは自ら6時に目覚めるようになりました;
可哀相に、9時には電池切れなのに、その頃にはkota兄ちゃんの登園;;
振り回されっぱなしの毎日も、もう少しで落ち着くからね!

そう、毎朝kentaの登校に着いて行ってたけれど、同じマンションの新一年生とお友達になり、その子と彼のお姉ちゃんたちが一緒に登校してくれることになったのです。
今朝からはエントランスで見送りのみ。

本人もお友達と登校したいと言うので、笑顔でスタスタ出発したけれど…心配性なワタクシ、いてもたってもいられずに車で追いかけ様子を伺ってしまいました;
が、何の心配もいらないんだね、しっかりみんな一緒に遅刻もせず学校へ到着。

学校周辺を車でウロウロと、不審者扱いされるからもうやめよう…
子供を信じて待つことも大切です。

今日からは給食スタートで4時講までになるので、集団下校もなくなります。雨だし一応校門までお迎えに行くつもりだけど、これも明日からは必要なくなるかな♪

入学してまだ一週間たたないのに、kentaの精神面の発達はめざましいものがあります。
自覚が芽生えたのか、たくさんの友達や先生との出会いに刺激をもらっているのか、張り切りすぎているだけなのか;
いずれにしろしばらくして慣れてきた頃に、ドッと疲れる時がくるだろうなぁ…要フォローです。

少しずつ手がかからなくなり、kenta中心の新しい世界へ少しずつ足を踏み入れているのが実感できて、少し寂しくも誇らしい気持ちになります☆
[PR]
by kaokenken | 2010-04-15 09:39

入学式

金曜日は、kentaの入学式でした♪
f0017462_2393120.jpg
f0017462_2394895.jpg

桜吹雪の中、立派な一年生になりました。ちょっと感動(涙)

前日からドキドキしていた私とは違って、当日も飄々とした感じのkenta。
多少の緊張はあっても、親が不安に思うほどのことはなかった様子で一安心・・・

いじめたりいじめられたりしないかな、お友達は出来るかな、先生は怖くないかな、自分らしく楽しい学校生活を送れるかな、勉強はついていけるかな、登下校は危なくないかな・・・
もう、キリがないほどの心配事項が溢れ出てきますが;そこはkentaを信じて、そっと見守ります。

仲良しのrikuuくんとは残念ながらクラスが違ってしまったけれど、登下校は一緒になるかも☆
f0017462_23162498.jpg

これからもよろしくね!


お兄ちゃんはもう幼稚園にいないんだという現実をつきつけられたkotaくん、この日は終始ブルーだったようで・・・
卒園式の頃から、私が何も言わなくても「kentaいなくても、淋しくないよ!」と呪文のように繰り返していたkota。
なんか、自分に言い聞かせているような気がしてちょっと心配だったんだけど、案の定;
きっと園ではあらゆる人から「お兄ちゃんもういないね、淋しいね」などと余計な声かけがあったんだろう;;
強がりを言わざるをえない状況に、ちょっと疲れちゃったんだろうね。

でも、年中さんの新しいクラスメイトも先生も大好きなようで、行きたがらないということはまずないので大丈夫そう!


二人とも、新しい環境に慣れるまで大変だろうから、様々な微妙な健康&精神状態の変化をしっかりとキャッチしてあげたいな。
母としても心を新たに気を引き締める春です☆★☆
[PR]
by kaokenken | 2010-04-11 23:25 | 育児

まだ見ぬ娘へ…

夜中にふと目が覚め、いろんなことを考えて、眠れずこんな時間;

病理の結果は、高度異形成から一歩進んだ、扁平上皮内癌ステージゼロ。
それに加えて、腺上皮内癌のスキップリージョンもあると読んでいる先生もいるそうで、病理との結果に食い違いがあるため、主治医からの紹介状と検体を持って別病院でセカンドオピニオンをとることに。

扁平上皮内癌は、先月のオペですべて切除出来ているらしいので、今後は定期的なフォローのみで子宮は残せる☆
でも腺上皮内癌が認められれば、子宮摘出となるわけで…そこで問題なのが、四人目はどうするかということ。

私としては、しばらくは子供を作る気はないけれど、4〜5年後くらいにもし欲しくなったら、きちんと生み分けを頑張ってみて女の子出産を目指そうかな、と漠然と考えていた。
ダンナも女の子への夢は捨てきれていないので、同じように考えていたと思う。

子宮摘出がファーストチョイスではあるけれど、上皮内癌は進行がゆっくりだから、フォローしながらなるべく早い段階で妊娠・出産を済ませてしまうことは可能だとは言われた。
でも、今すぐ欲しいわけではないんだよね。ほぼ年子状態で育てる自信もないし、産後早いうちに手術を受けなければいけないなら、また家族に新生児を加えた子供たちの面倒をお願いするなど無理だし現実的ではない。

すぐ産まないなら摘出しかない…


子供を三人も授かったことは本当に幸運で素晴らしいことで、有り難いと思ってる。
息子たちは可愛いし、心から愛しているし、彼らさえいてくれれば良いとも思う。

でも、やっぱり娘にも会ってみたかったなぁと、残念な気持ち;;
子宮摘出への恐怖とか喪失感より、まだ見ぬ娘への夢が完全に絶たれることが無念て感じかな。


願わくば、病理の読みが正解でありますように!
腺上皮内癌の読みは勘違いでありますように!!
[PR]
by kaokenken | 2010-04-10 05:16 | 自分

TEAM KUBONOYA

おなチューならぬ、おなビョー?(病院ってことで)仲間の約2ヶ月ぶりの集まり。

この月齢のベビーは成長・発達が著しく、ちょっと見ないうちに顔立ちもすっかり幼児に近づき、ビックリ!
f0017462_21462342.jpg

(Rikuくん、ヘビに喰らいつく;)

こんなふうにお座りで並んじゃうなんて、感動!
みんな大きくなってるんだねぇ・・・(涙)

kyouちゃんはあまりサイズの変化がないけど、それでも表情が豊かになり顔つきも変わってきた気がする。

Rikuくんは相変わらずスクスク大きく成長していて、以前は穏やか~な優し~い表情だったのが、少しキリッとメンズな顔つきに!
前のRikuくんなら皇太子に納得だけど、今は髪形もうまく影響して、ホント韓流っぽいぞ!!

Konaちゃんはハイハイも上手だし動きが多いからか、顔が少し締まってますますくっきり二重の大きなおめめが可愛くなって♪やっぱり女の子っていう雰囲気がすでにかもし出されてて、性差の不思議を実感。

f0017462_2152415.jpg

この、ベビー3人勢ぞろいの状況に、毎回アニキたちは大興奮!なんだけど、今回は早々にその興奮もさめ、お昼を食べたらさっさと外に飛び出しキックスケーターを楽しんでました;
こんなところにも、お兄ちゃんになったんだなぁと成長を実感。


たいしたおもてなしも出来なかったのに、美味しいスイーツやお惣菜を持参してくれてありがとう♪♪♪
とっても美味しく楽しい時間でした!
また、来月集まろうね~☆
[PR]
by kaokenken | 2010-04-01 21:55 | 育児