母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

三十路

ついに来たね、この日が♪
昨日、晴れて三十路ワールドへ足を踏み入れました。

区切りの良い歳なんだけど、特にお祝いすることもなく、フツーに一日が終わり・・・
でもkentaは「おめでとー☆じゃあケーキ屋さんにケーキ買いに行かなきゃ!」と1人お祝いムード。
「わざわざ自分のケーキ買いに行くのもね~・・・いいやぁママはケーキいらな~い」と気のない返事をすると、ちょっと考えてから「じゃあさ、ケーキ屋さんに電話して、持ってきてもらうのはどう?」と・・・
だからそういう問題じゃなくて;と思ったけど、そんなお祝いをしてあげたいというkentaの気持ちが嬉しくて、「よし!それじゃ一緒にケーキを作ってくれる?」と言うと飛び上がって喜んだ♪

ちょうどクリームチーズがあったし、ダンナも子供たちもチーズ好きなので、スフレチーズケーキを作ることに。
kentaには卵を割る作業と時々の混ぜ作業をお願いした。
ただ、kentaが割る卵は黄身が壊れてしまう・・・ので、レシピ通りではないけどメレンゲは全卵共立てでやっちゃった;大丈夫かなぁ~と不安だったけど、この通りバッチリ美味しくで~きたっ↓
f0017462_13161853.jpg

ご飯は、私が大好きなグリーンカレーと、ダンナが大好きなタイ風春雨サラダと、子供たちにはハッシュドビーフとチキンの香草チーズ焼き。
なんともまとまりのない・・・
まぁ、私が衝動的にグリーンカレー作ったとこから崩れたんだけど;

30歳を迎えて一日。気持ちの上では何も変化ナシ!そりゃそうだ、29も30も大して変わらないもんね;むしろ、「29です」て言ってる方が必死にぶらさがってる感じで、30になっちゃったほうが潔いというか。
当たり前だけどシワが一本増えたとかそういう身体的変化も特になく。
こうして何となく年取って行くのかなぁと、ちょっと怖くなる。

ので、来年の誕生日を迎える頃には、昔の英語力までは戻しておきたいなぁと具体的な目標を立て、勉強することにした。
毎度疲れや育児の忙しさなどを言い訳にサボっていたけど、今回こそは、毎日15分でもいいから続けていこうと思ってる。

・・・宣言したからには沖縄でもやらないと;
[PR]
by kaokenken | 2008-07-19 13:22 | 自分
行って来ました、佐久キャンプ☆
去年とは場所を変えて、赤倉の森にしました。
インターからわりと近く行きやすいしお楽しみもたくさんで、オススメ!

今回は臨月mocoちゃんはデイキャンプのみ、あとのメンツはテントで一泊です♪
テントと蚊帳の設営には去年えらい苦労をしたのですが、今回はテントを貸し出してくれたT家パパとmocoパパがヘルプに来てくれて助かった!!
でも、バーベキュー食べたら撤収しましたが;
T家パパはまたテントの片付けに来てくれるとのこと。
女だけの時間を大事にしてくれて、有難いです♪

さてキャンプの報告ですが、朝から快晴で、バーベキューに虫捕りに川遊びにアスレチック、川でスイカを冷やして食べたり温泉に行ったり花火もたくさん!
f0017462_11203785.jpg
f0017462_11205139.jpg
f0017462_11205930.jpg

とにかくやれるだけのことは全部やりつくし、大満足で子供たちは眠りにつきました☆
そして夜はママたちの飲み会!楽しく飲み始めましたが、ちらほら降り始めた小雨がビール2本を空けたころからだんだん雷を伴い本降りに・・・
携帯で天気予報を見ると、キャンプ場周辺は大雨・洪水・雷注意報が!

さてどうしようかと思案している間にもじゃんじゃん土砂降りになって行き、ついにキャンプ場の管理人さんが懐中電灯片手に雨合羽で登場、「コテージを開けたので避難してください」とのこと。

テント横に車をつけ、いざ移動!なんだけど、子供たちは爆睡中だし、T家に至ってはまだ6ヶ月にもならないベビーが;
運ぼうにも横から前から殴りつけるような雨で、眠っている子供たちが運んでいる最中に濡れてしまうのは必至!!
一瞬悩んだけど、まずはママとベビーを先に車に乗せてしまい、あとは年齢順に運び込みました。
akiちゃんもM家ももう一方のテントから次々子供たちを移し、コテージに到着すると泣き喚く子供たち・・・の中で、何事もなかったかのようにふてぶてしくグッスリ眠り続けるkentaとkota。
kentaはよほど疲れていたのだろうし、kotaは恐らく神経が図太いのでしょう。
たくましいぞ!!

なんとか浸水前に布団も運び終え、ふと気付くと頭から下着から全部びしょぬれの母たち。
頑張りました(涙)

コテージは絨毯張りの床に窓とドアがあるのみなので、適当に布団や新聞紙の束を下に敷いて雑魚寝でした。
子供たち(うち以外の)は寝心地が悪いせいか気がたっているのか、夜泣きがひどかったりで、親たちもあまりよく眠れないまま朝を迎え、みんなひどい顔(笑)

でも、こういう経験もなかなかできないし、過ぎてしまえば良い思い出です♪
mocoは泊まらなくて正解!あやうく産まれちゃうとこよ;
来年はまたベビーが1人増えて、子供たち総勢12人になるのかな??
楽しみも年々増えていきます☆★☆
f0017462_11243584.jpg

[PR]
by kaokenken | 2008-07-07 11:24 | 生活

ウォーキング

園バスを利用し続けてきたkenta。特に苦情もなく楽しそうにバスで通っていたのだが、あるときから「歩いて幼稚園に行きたい」とリクエストするように。

最初は、バス停が一緒の子たちとトラブったりしたのかなぁ?と思っていたけど、どうやらそんなことはなさそう。
早めに園に着けばたくさん遊べるからかなぁ?とも思ったけど、実際に早く行ってみるとそんなにテンションUPでもない。

でも、あまりに歩く歩く言うので、体力つけさせるためにも私のダイエットのためにも実践するか!と、7月だけお試しでバスを利用せず、徒歩通園スタート☆
もちろん車でもいいんだけど、このご時世なるべくガソリンを無駄遣いしたくないので・・・暑さに負けず、往復40分かけて徒歩通園してます;
kotaは三輪車なのだが、長時間乗り続けるとおケツが痛くなるようで、時々降ろしてあげたりする&その時に道端で虫を見つけたりするともっと時間がかかる(涙)

で、昨日kentaにさりげな~く、「なんでバスじゃなくて歩きたいの?」と聞いてみたら、「・・・だってママといっぱい一緒にいたいんだもん」と恥ずかしそうに答えた。

そうか、そうだったんだねぇ♪と嬉しく思う反面、淋しい思いさせてたのかなとちょっと反省した。
出来るだけお話は聞くようにしているけど、一緒に遊ぶことは最近おさぼりしていたし;kotaと二人で遊んでおいでって言っちゃうことが多かったよなぁ。

それに、目のこともあったから体調不良だったり疲れていたりで、イライラしてしまうことも多々・・・
ごめんね、kentaもkotaもいろんなこと我慢していたかもしれないよね。

こうして、子供たちからわかりやすいサインを出してもらえて、それに気付けるというのは幸運なんだろうな。
うまくサインを出せない、気持ちを伝えることが苦手な子だったり、親のほうもタイミングが合わなくてサインに気付けずにいると、きっとそれが取り返しのつかないひずみとなって何かしら悪い結果につながってしまう気がする。

私は同時にいろんなことをこなしていくのが苦手だから、やっぱり仕事はまだまだ出来ないな;
そっちに気をとられて子供たちとの絆を失ってしまいそう。

グータラ主婦続けさせてもらいますよ~♪パパごめん!
[PR]
by kaokenken | 2008-07-03 11:03 | 育児