母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そしてメロンパン

f0017462_8381021.jpg

昨日12個も作ったのに、作りたてを撮影し忘れた;
で、幸いなことに大好評だったため、あっという間になくなり今朝確保したラス1です!
向こう側はkotaの噛みあとが…

昨日は同じクラスの子達と遊ばせたけれど、子も親も新しい人間関係を築くのは疲れます;;

戦隊モノ好きな子ばかりで、戦いごっこが激しいのはいいんだけど意地悪も激しくて、見るに見かねる場面も多々。
この私が黙って見ているわけもなく、理不尽な意地悪を言う子には軽く脅し、なんと同じく黙っていられないのかkotaは思い切り後ろから蹴り!
兄貴のためか、ただのうっぷん晴らしかは不明。だけどこの話をしたらダンナは「でかした♪」とベタ誉めしてた…

とにかく、恐竜好きな子には今のところ出会えておらず、kentaもつまらないだろうなぁ。
早く仲良しが出来るといいんだけどね。焦らずゆっくり開拓していきまっす☆
[PR]
by kaokenken | 2008-04-24 08:38 | 生活

パン

引越して間もない頃、初めてホームベーカリーで焼いたパン☆
f0017462_2155726.jpg


で、これは今日作ったロールパン☆
f0017462_21562710.jpg

まだまだ慣れず成形が難しいけれど、でもめちゃウマ!!
少しずつコツがつかめて美味しく作れるようになってきた気がする。
ホームベーカリー様サマ、ジャザメンバー様サマです♪♪♪

明日はバス停一緒のご近所さんたちと午後遊ぶので、差し入れにメロンパンにチャレンジしてみるつもり。
成功したら、佐久土産に作って持っていこうっと♪


さて、先週末の話ですが、亀有に住んでいた頃お友達になったmamiちゃん&kentaの幼馴染であるyuaちゃんが早速遊びに来てくれました!
天気も良かったので、東武動物公園へ。
f0017462_2212623.jpg

久々の再会で、kentaはだいーぶ照れてなかなか打ち解けず、写真撮ってもこの表情。
でもyuaちゃんは2歳当時のことを覚えているようで、記憶はしっかりしているようだし精神面も発達しているなぁと感心。

でも少しずつ慣れてきて、動物見るよりこんなこと教えて;女の子相手に何やってんだか;;
f0017462_2254055.jpg

そうそう、白蛇も触ったkenta!
f0017462_226146.jpg

左下に移っているチェックの袖がkentaの手。
大きな蛇だし、みんなに触らせてくれるのはなかなかない珍しいことらしく、縁起が良いぞ☆

最後に寄った、餌であるネズミ目線でフクロウを見ましょうというコーナー。
f0017462_2281157.jpg

この頃には二人で色々おしゃべりしていて、このあと帰宅してからはずーっとボールテントの中でごっこ遊びにふけっていた。
それをkotaが邪魔したりね;

ママであるmamiちゃんはアロママッサージで開業しているけど、ネイリストの資格も取得したとか!
月イチで通いたい♪
[PR]
by kaokenken | 2008-04-22 22:10 | 生活

トイレトレ case KOTA

kentaが幼稚園スタートすることだし、4月に入ったと同時に、何となく始めてみたトイレトレ。

始めたと言っても、トイレ自体を嫌がっていた彼のために画用紙でアンパンマンの絵を描いて切り抜いてトイレの壁に張り、トイレを好きになってくれるようにしたこと。
あとは起床時と1時間置きに声かけをすること、トイレで出来たらお祭り騒ぎ並みに盛り上げること。
以上3点しかしなかった。
気長にやろうと決めていたので、まったく叱ることなくムリにトイレに座らせることもなく、本人も気楽だったのかな?

今週はすごくスムーズで、一日通して自分から「おしっこしゅる」と言ってトイレで出来たし、昨日は偶然ウ○チもできたし、先行き明るい!!

今日はちょっと失敗続きだけど、波がありながらも少しずつ出来ていければいいかなと思うので、オッケー☆

今ではトイレですることが嬉しくって仕方がない様子。
がんばれkota!!
[PR]
by kaokenken | 2008-04-19 09:39 | 育児

転居による変化

《良い変化》
1.幼稚園スタート&プール再開とともに、kentaが生き生き元気に復活!
2.家が広いので、家事がこなしやすい(やること増えてもノンストレス)
3.庭ができたので、ガーデニングできる
4.双方の実家が近くなった
5.徒歩圏内にマック・ケンタ・モス・ミスド、電車に乗れば10分でデパート

《悪い変化》
1.ダンナが職場に慣れずかなりストレスフル
2.野菜が高いし美味しくない
3.空気も水もマズイ
4.市の指定ごみ袋が超高い(1枚50円ナリ;)
5.茶飲み友達が消えた・・・
6.ジャザできるところが近くにない=太った!
7.駐車場狭くてミラーぶつけた(怒)

色んな変化があるけれど、まぁ悪いほうに関してはなんとか1個1個現状打破していかないとね・・・
物価や水・空気は慣れるしかないか;

でもね、何より子供が順応して楽しそうにしていてくれればOK☆
幼稚園に行くこととかプールに行くこと、始めたばかりの絵画教室、どれも好きなものばかりだから当然かもしれないけれど、本当に嬉しそうにやっている姿を見ると、私も何か楽しみを見つけて生活を充実させたい♪と前向きに思えてくる。
[PR]
by kaokenken | 2008-04-15 20:36 | 生活

二度目の入園式

昨日は雨の中、kenta二度目の入園式でした!
普通に転入扱いでよかったんだけど、タイミング的に二年保育の子達と一緒に入園という形で、と言われ渋々;

ダンナも親も仕事で当てに出来ず、仕方なくダミアンも同行。
で、予想通りに悪戦苦闘し、ぐっっっっったりして雨に濡れて帰宅;;

でもkentaは久々の幼稚園という環境に喜んでいたし、時間はかかるかもしれないけれど馴染めそうだし、一安心♪
先生はベテランぽい、おとなしめな先生。若くて元気いっぱいな先生もいて、今のkentaにはそういう勢いのある引っ張っていってくれそうな先生のほうが適している気がするけれど、長い目で見ると担任の先生みたいなタイプのほうが信頼関係をしっかり築いていけそう。

今回の制服はかなりしっかりしていて、なかなかカッコイイ☆
f0017462_1144745.jpg

[PR]
by kaokenken | 2008-04-11 11:44 | 育児

過小評価と過大評価

どうしてこうも兄弟って違うの?
という、相変わらずなクエスチョンに考え込んでしまう私です。

引越してからもう何度か行っている公園。子供たちお気に入りで、私もホッとするので好き♪
f0017462_10343771.jpg

f0017462_10345199.jpg

まさに桜満開で、たくさんの人がお花見を楽しんでいました。

さて、本題に入りますが・・・
kentaは若干、過小評価の傾向があります。
好奇心はあるし初めてのことにトライしようとする意気込みはけっこう貪欲にあると思うのです。
でも、いざトライしようとすると、尻込みしてしまう。
絶対できるであろうこと、前回はできたことでも、ちょっと状況が違うだけで(人が多いとか手に擦り傷があるとか)「やっぱりできないよ;」と諦めてしまう。
でもやりたい気持ちはあるみたいなので、私は励まして「kentaなら絶対できる。自分を信じてごらん。出来なくても練習すればいつかは必ず出来るようになるよ」と士気を高めてあげることに徹します。
f0017462_1045342.jpg

で、たいていのことはクリアーできるので、良いパターンかなと思うのです。

これがね、kotaのケースでは180度ひっくり返ります。
カレは超ちょー過大評価!!
「その根拠のない自信はどこからくるの?!」
若かりし頃のダンナによく言っていた言葉を、最近はその息子にもぶつけています。
たとえばアスレチックなど、2歳児にはキビシイと思われる遊具。
親が付いていれば出来るものもいくつかあるので、やってみたいという気持ちを大事にしてあげて出来るだけやらせてあげています。
が!!!
カレは「親が付いていれば」の状況を断固拒否。
「うるせぇな!放っとけよ!」と、10年後くらいには言われるのではないかという空気を、Going my wayなカレの背中からひしひしと感じるのです;

まぁでも出来ないことが殆どで、再三チャレンジし挫折感にどっぷり浸ると、やっと「ママァ~」と半泣きでこちらへ戻ってきます。
「ほぉ~ら言ったでしょ?だから出来ないんだって!」とやや意地悪な言葉を浴びせると、またムカつくのか「できないない!だめ!」などとベシベシ叩いてきます。
うーん、悪いパターン;

「あなたにはムリよ!」なんて言葉は本当は使いたくないのに、kotaったら能力度外視、そりゃあもう想定外のことばかりしようとするんだもの;
f0017462_10521297.jpg


まぁ・・・すごいなぁと素直に感心しますが。
で、「あんたってすごいね・・・」としみじみ語りかけると、「しゅごい?でしょ?」な~んて言っちゃうんだから。可愛くってたまらん!!!
[PR]
by kaokenken | 2008-04-05 10:53 | 育児

恐竜大陸

報告遅れたけど、週末に幕張の恐竜大陸、行ってきました☆
f0017462_17301989.jpg

長野のakiちゃんも来たいと言っていたので、下見がてら。
だって面白かったら何度来てもいいもんね♪

で、結論。
富岡の自然史博物館のほうが良くない?良くない?!
展示物のスケールはまぁ確かに大きいし、リアルに動く模型の展示コーナーもある。
でもさ、富岡も負けてないぞ!
それに入場料2500円て・・・富岡は500円だぞー!!!

というわけで、akiちゃんには敢えて来る必要はないと伝えよう。
だったらディズニー行こうぜぃ☆

でもまぁせっかく行ったので、内容をご紹介。
f0017462_17382185.jpg

タルボサウルスと記念撮影できます。
会場のカメラマンが、こちらのカメラも預かって撮影してくれて、カメラマンが撮影した画像はすぐに記念写真として購入できる、TDLと同じようなシステム。
1200円で買っちゃったけど、出来は自分のカメラで撮ってもらうのと大差なくて、「あーやっちまった、衝動買い」と後悔;

さすが国際展示場、高ぁぁぁぁぁい!
f0017462_173928.jpg

ガオォォォッ
f0017462_17401818.jpg

恐竜に上って遊べるんだよ♪・・・って、これも恐竜公園のほうが大きいしたくさんあるし良いじゃん!
f0017462_17412463.jpg


1時間程度でサクッと見終わり、会場の外には明らかに便乗商品の山。
ゲンナリして、即刻立ち去りお台場へ行きました;
で、大好物のシナボンを2年ぶりくらいに食べて、結果的には大満足な一日になりましたとさ☆★☆
[PR]
by kaokenken | 2008-04-03 17:43 | 育児

スタート

こちらは桜が咲き乱れ、車ではケツメイシを聞いて楽しい気分で運転してます。

そしてダンナは昨日、新しい職場へ初出勤。
7年目に入り中堅とはいえ、慣れない環境や新しい人間関係の中で自分らしく仕事をやっていくのは、やはりかなり困難だしストレスフルのようで・・・
再度、猛勉強をしております;
大変だよね、医療職って生涯勉強が必要だし・・・
私はもう、勉強なんてムリムリー!!

でも、同期だった子たちはいまだに脳みそフル回転させて頑張っているし、やってできないことはないんだろうな。
要は、やる気の問題。

子供のときに抱いていた将来の夢って、私はスチュワーデスとか国際ジャーナリストとか、世界に飛び出せ的な職業だった。
あ、絵本作家も魅力的だったなぁ☆
もちろん看護師も小学校の時から漠然と考えていたけれど、それは何というか・・・堅実な夢として押さえておいたという感じ。
本当に情熱をかけてやりたい!というのは、前者だった。

今になると、あぁ、なんで諦めたんだろう・・・と後悔してみたりすることも。
中学のときも高校のときも、ことごとく留学を反対されたから。
家族に堅実な職業を期待され続けていたから。
色々と事情はあれど、どれもこれも本気でやりたければ打ち破れた壁。

何なら今からだって遅くないぞ!
いつだって、何歳になったって、やりたいことがハッキリしているならチャレンジすべき。そう思う。
ダンナなんかみてると、子供の頃からの夢をかなえたからこそ、辛くても耐えて努力してステップアップしていけてるんだなぁと実感する。
いや、だからってスッチーの試験受けまぁす♪とか、これから国内紛争の取材に行ってきます!とか、ないから;
だって、これは諦めとかではなくて、自分にしか守れないものがいるから。
単に取捨選択のレベルで。
この今現在の自分自身として、何をしたいのか、どうありたいのか、10年後はどうあって欲しいのか、そのあたりをゆっくり考えていきたいと思っています。

そう、やりたいこと。
それがわかっているということが、何よりも幸せなこと。
子供たちにも、どんなことでもいいから自分からやりたいことを見つけていって欲しい。
そのためには様々な経験をつませてあげることが一番だけど、あくまでも情報提供に徹したい。
そして、時々の道案内程度。
レールを敷くことだけはしたくないのです。

レールを敷くことってとても簡単だし、まだ物心付いて間もない幼児を屁理屈で言いくるめ、親がやりたいようにさせるのは、朝飯前。
難しいのは、自分で選択させるということだと思う。
子供にとっても難しいし、親も黙ってみていなければならないなんてすっごく難しい!!!
でも、それをさせる努力を怠らないでいきたいです。


桜舞い散る季節に、自分の来た道を振り返る。
これから行く道は、ダンナと子供たちと手をつなぎながら一歩一歩進む。
そして近い未来には、子供たちはつないだ手を離しまたそれぞれの道を進んでいく。
家族みんな、幸せで、楽しくてワクワクするような、でも時には美しい思い出になるような切なさがあって、そんなステキな人生でありますように・・・
[PR]
by kaokenken | 2008-04-02 11:31 | 生活