母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

親友

土曜日に帰省し、やっと今日帰る予定。
実家はやっぱりいいなぁ・・・子供達は親にお願いし、久々に友人たちにも会えて、おいしいタイ料理を満喫できた☆
あ、写真とればよかった;

親友izuはただいま妊娠8ヶ月。妊娠したよ~という報告を受けてから初めて会ったので、デカ腹を見るのも初!!
なんとも感慨深かった。高1で出会ってからのizuの姿がぶわぁ~っとそれこそ走馬灯のように駆け巡り、そして目の前の妊婦姿のizu。
kotaの出産のためizuの結婚式には出席できなかったけど(挙式一週間前に出産した)、今回はぜひとも生まれたらすぐ駆けつけたい♪
女の子と判明しているようなので、ぜひとも我が家の坊主どちらかの嫁にきてくれい!!

izuは私の人生の節目(入籍や出産や挙式)には必ず涙していたようだが、私も同じく泣きそう。
なんというか、姉妹のような家族のような感覚だから、まさに自分のことのように嬉しい☆
女同士の友情はなんだか面倒な感情が入り組んだり、素直に友情が成立しない印象があるんだけど、izu とは違うなぁ。
というか、いつも集まるメンバー4人の間では、面倒なことなく友情が成立している気がする。
みんなそれぞれバラバラでいろんな人生を歩んできているんだけど、深いところで歯車が合う感じ。
こんな毒舌即キレ女と親しくしてくてるだけでも、貴重な友達ですわ;

izuには、妹の結婚式に合わせて新郎新婦のデッサンをお願いしていた。
油絵とかではなく、あえてシンプルなデッサンにしてもらい、それをパンフやウェルカムボードに活用したいなぁと思って。
パンフの中身はやっと完成したので、あとはこのデッサン画をスキャニングして表紙にするだけだぁ♪
ムービーにも取り込んでみようかなぁ?

それにしても、やはりプロの画家!何より似ているし、写真しか渡していないのに二人の雰囲気
がとてもよく出ている。
f0017462_1024496.jpg

妹もとても喜んでいるし、私もパンフ担当として百人力だわ☆心から本当にありがとう!!!
[PR]
by kaokenken | 2007-07-31 10:19 | 生活

ルリボシカミキリ

昨日から我が家の周りをカミキリムシがぶんぶん飛んでいた。
『kentaが見たら喜ぶだろうなぁ・・・』と思っていたら、今朝ベランダに置いてある黄色のクロックスの上に、何やら色鮮やかな青い物体が!!
f0017462_10173855.jpg

おぉ!ルリボシカミキリではないか!!

早速kentaに教えると、大興奮で『虫かごに入れる!』と。
でもコクワガタと一緒にしちゃったら攻撃されないかなぁと不安を覚え、ただいま沖縄は西表島を探検中の虫博士(義父)にTEL。

博士によれば、死ぬことはないがヒゲをとられてしまうとか・・・
そりゃかわいそうだということで、捕らずにそっとしておこうとkentaに提案。
でもどぉーしてもこの興奮を誰かれかまわず共有したいようで、『幼稚園に持って行きたい!』と言い出した;
結局、昆虫採集の時に持っていく小さな虫かごに入れてやると、首から提げて意気揚々と登園♪
朝バスの聖子先生は、毎朝kentaが発見した虫の報告を快く聞いてくれるのだが、さすがに実物持参にはビックリした様子。
でもルリボシカミキリだと知って、園持参を大賛成してくれました☆

息子たちと触れ合い語り合う中で感じる成長っぷりは、日に日に増していく。
その分しつけなどで頭を抱えることも増えるが、それが親としての成長の糧と思って、有難く頂戴したい。難しいけど、願望としてはそういうスタンスがいいなと思う。
毎日イライラしたりキレたりすることがたくさんあるけれど、そんなことも一つ一つが自分のためでもあると思えば、そんなにキャパオーバーになることなくうまい具合にこなせていけるのではないかな。
そうすれば、もっと子供たちといい親子関係が築けるんだろうな。

f0017462_10343626.jpg

今現在の息子たちの成長記録
kenta:身長100.9cm 体重14.6kg
kota:身長78cm 体重9.3kg

昨日のジャザ飲みでの飲酒記録
ビール:ジョッキ2杯 カクテル:ロング3杯 チューハイ:1杯
子連れじゃこんなもん。飲み足りない(怒)
[PR]
by kaokenken | 2007-07-26 10:36 | 生活

29歳の誕生日

先週水曜日は私の誕生日でした♪晴れて?29歳。
まだ20代にしがみついてます!
早いもので、ダンナと出会ったのはちょうど20歳の時。
20代という華々しい時代を全てダンナに捧げたかと思うとかなり悔しいところもあるが、でもこうして幸せな家庭を築けているのはやはりパートナーが彼であるからこそ。
感謝します☆

三十路を前に、お肌の手入れや体重管理など課題は山積みだわ;
もう改善はムリだから、せめて現状維持を目標に、自分磨きに精を出そうと思うのです。

誕生日当日にはサプライズがたくさんで、本当にHAPPY DAY♪
まずは朝イチでダンナの御両親からプレゼントが届きました。
義父からは有田焼のビアタンブラーと子犬のブローチ。
タンブラーに関しては、別にビール専用じゃないんだろうけどこれでビール飲んだら激ウマなので、あえてビアタンブラーにしてしまいます。(どこまでも酒飲み魂)
ブローチは、いつもの如くお友達の方オリジナルのアクセサリーかな?
この方はあの銀座WAKO宝飾部門の職人さんで、そのオリジナルアクセを義父はちょくちょくプレゼントしてくれるので家族一同で愛用してます。
私の婚約指輪も夫婦の結婚指輪も、彼の作品。
こんなプレゼントを頂いて良いのでしょうか・・・申し訳ない感じです;
義母はカットソーと子供たちの洋服をたくさん送ってきてくれました☆洋服は消耗品に等しいので、とっても助かる!!

そしてジャザではみんなからおめでとうの言葉を頂き、お友達からもメールでおめでとうをたくさん!
ダンナは内緒でケーキを予約していてくれて、夜コソコソと持ち帰って隠していました。正直、自分の誕生日に自分でホールケーキを買うのはどうかと思って諦めていたので、とっても嬉しかったー♪♪
f0017462_17415158.jpg

ロウソクを挿す作業の大変さに、改めて重ねた年輪を実感。
火をつけて、マジでケーキが火事になりそうで焦るし;
いつだったか、はねトびの色んなギリギリに挑戦するコーナーで、ケーキのロウソク吹き消す限界は何本かをやっていたけど、我が家もあれに挑戦し続けていこうかしら。
今回は太いロウソク2本で20歳分、というせこい手を使ってしまったので、来年はぜひとも30本に挑戦したいものです。

そんなこんなでHAPPYがいっぱいの誕生日。
朝起きたときは29かぁなんて落ち気味だったけど、一日の終わりには年取るのも悪くないなぁと思えた誕生日なのでした☆★☆
[PR]
by kaokenken | 2007-07-23 17:47 | 自分
昨日は、こちらに越してきてまだ間もない友人家族とお食事に行った。
以前ランチタイムに利用したことのある店で、特に接客に問題を感じたことはなかったし個室が予約できたので、楽しみに行ったのだが・・・
そこの店長とバトった(怒)
キレた直接原因ではないけど、卵アレルギーの子を持つ友人に『最近はアレルギーのある方の外食はとても厳しい現状です』としょっぱなから言い放ったありえない店長。
ここで不信感UP。
そしてさんざん騒ぐ子供たちの相手に奮闘した友人と私が、最後にデザートでも食べさせて早々に退却しようとしたところに、古びたおもちゃを持ってきて『これで何とかしてください。どうにかなりませんか。』とのたまった。
注文しようとした私を制して。
『(プチッ)・・・じゃ、帰ります』
『えぇ、すみませんがお願いします。』
はぁぁぁぁぁぁぁぁ?????????

私は人並みの常識を備えているつもりだし、子連れで外食の経験も多数ある。
確かに子供たちは騒いでしまっていたけど、他のお客さんへの迷惑も最小限に抑えるよう出来る限りの配慮をし、何とか努力しながら面倒を見ていたつもり。
友人も外に連れ出すなどし、ほとんどゆっくり席につくこともなく世話をしていた。
そういうこと抜きで、まるで野放しにしてるみたいな言い方されてしまった。
しかも『大丈夫ですか?このおもちゃでよければお使い下さい。』とか、いくらでも言い方あるでしょ?!
曲がりなりにもご家族連れ歓迎のお店だよ?!
そこの店長じゃないんかーーーーー!!!

高級老舗料亭でもあるまいし、客選ぶなんて!大して美味しくないし!だったら子連れOKの看板今すぐ下ろしてみろ!アレルギーのある客もお断りってでかでかと広告してみろー!
とまぁ沸々と湧き上がったこの怒り、しっかり会計のときに店長を呼び出してぶつけ、今朝も朝イチで本社に電話して社長にクレーム。
店長を指導しなおして、改心したようなら連絡しろとも伝えた。
ただしあんなデリカシーのない人に個人情報教えたくないので、社長自ら本人の理解度を判断し電話をくれと。
ただのクレーマーでは、終わらせない。

怒りと共に悲しかったわけだよ・・・
こっちは毎日一生懸命育児しててさ、たまの外食だって満足に楽しめなくとも少しは気分転換を、と思ってお金払って店に行ってるのにさ。
なにが悲しくてあんな言い方されなきゃならないのよ?!
その悲しさ、いかに傷ついたかも訴えたかったのに、何を勘違いしたか我が亭主は横から口出して『テメーふざけんなよ!マジで気をつけろよ!』なんて意味不明の難癖をつけ・・・ここでただのクレーマーに成り下がった気がする;
後に彼に『何が気をつけろなの?!』と問いただすと、『状況わかんないからとりあえずタンカ切っとこうと思って~・・・』だって。
も~余計なことして~(涙)

そんな怒り心頭のままの帰宅だったわけだけど、雨も上がり久々の晴天だったのでもしかしたらホタルが見られるかも、と思いそのままホタルスポットへ。
いました、まだ僅かながらホタルたちが♪
淡い光に癒され、帰宅後は残っていた花火を楽しみ、子供たちは幸せそうに就寝。
そしてリビングには、どこから入り込んだか例のカマキリがたたずんでおりました。
そんなにうちがいいのか☆守宮(ヤモリ:家守とも書くよね)ならぬ家カマキリだね♪
自然の力で癒されたのでした☆★☆
f0017462_1046391.jpg

[PR]
by kaokenken | 2007-07-17 10:46 | 生活

kotaの初体験

今日、遅ればせながらkotaのスイミング初体験に行って参りました♪

今や水を得た魚のごとく、というかまさにそのものといった感じで水に親しみ、早くもクロールの練習を始めたkenta。彼がスイミングデビューしたのは1歳の時。
それに比べると、1歳8ヶ月になってしまったkotaくんはかなりスロースターターになってしまうところ・・・
のちのち『なんでオレも早くスイミングに通わせてくれなかったんだよ!おかげでカナヅチじゃないか!喘息になっちゃったじゃないか!肥満児になっちまったじゃないか!』などなどクレーマーkotaになってしまう可能性も否定できず;

kentaと同じスイミングスクールで、しかもいつもkentaが教えてもらっている先生だったのでなんとなく安心☆
ジャザサイズの託児でお世話になってる先生もいるから、kotaも変に緊張することはない様子。
実際にプールに入ると、kentaの時よりはかなりご機嫌で楽しそうなkota。
肝がすわった性格はラクだわ♪
でもその頑固さは計り知れず難関で、どーやってもフィックス(腕につける浮き輪)を付けてくれない。初めてだしねぇ~と思う反面、日ごろのkotaからして、納得するまでつけることはないだろう・・・肝心のその納得するという日もやってこないだろう・・・という不安が;
まぁ、納得しないでフィックスを使うこともないまま、自然に泳げるようになるならいいけどさ。

kentaのときとは違って、今通っているスイミングクラブは後半30分は親のエクササイズタイムになる。
水中ウォーキングやスイム、他の姉妹スクールに行ったときはアクアビクスなんかもやってくれるとか。
スクール後はぞんぶんにジャグジーなど各種お風呂を満喫できるし、こりゃやるべきかな?

2人通わすとお財布がキビシイけど、兄弟ペア割引でそれぞれ千円引きになるとか。
う~~~~~~~~ん(悩)
はじめたら今度は仕事復帰が難しくなるな。
でもその仕事復帰だけど、相変わらずkentaからは時々探りや制止が入り、ドキドキする母なのです;
後先考えず、まずは楽しそうなkotaのためにはじめるか☆

ダンナの実家のパフィーたん♪
お腹のたぷたぷがたまらん癒しです。
kotaのイタズラや嫌がらせに、ネコパンチで応戦します。
この2人のファイトはかなり見もの!
f0017462_19433397.jpg

[PR]
by kaokenken | 2007-07-12 19:44 | 育児

カマキリ&ホタル

一週間ほど前、玄関先でカマキリの赤ちゃんを発見した。まだ体長2~3cmほどの、成長過程にある子。
指を近づけるとカマをふりあげて威嚇してみたり、とってもとっても可愛い♪
kentaと2人で、『うちのミニガーデンに住んでるのかなぁ?』なんて話していた。

その3日後の朝、玄関前で園バスを待っている時に、ふとベランダ下に張ったクモの巣に気がついた。
その真ん中あたりで、なにやら黄緑色の物体が捕らえられていた。
近寄って見ると、なんとあのカマキリ!(大きさからして、多分本人)
動かないので息絶えているのかも・・・いずれにしろ、クモの餌食になるのはむごいと思い、巣から外してやった。
すると、その途端に動き出し、手のひらでカマを持ち上げてゆらゆら。
まるでありがとうとでも言っているかのようだった☆
すぐ植え込みに放ってやって、kentaに『気をつけるんだよ~大きくなるんだよ~』と声をかけられながら、どこかへ消えた。

それから2日にわたり、ベランダで洗濯物を干していると必ず例のカマキリらしき奴が手すりあたりにやってきて、こちらに向かってカマを振る。
雨が降ってしまったから今日は見ていないけど・・・恩を感じているのかしら?

友人にこの話をしたところ、『大きくなったらとんでもない獲物でもかついで恩返しにくるんじゃない?』だって。
カマキリくん、そんなことより君は無事に成長しなさい;うちの周辺をウロウロしてると、またクモの巣に引っかかっちゃうよ~!
f0017462_16484148.jpg


そして昨日は、ホタル見学に行ってきた☆
見ごろは夜の8時~8時半くらいとかで、夕飯を食べてから友人夫妻に案内してもらい現地へ。

家から車で10分くらいのところにある川岸に着くと、ふんわりとした儚い光が!!!
人工的な光に慣れた目は最初はうまく光を捉えられなかったけど、闇に慣れてくると同時に無数の黄緑がかった光が視界全体に♪

実はホタルを見るのは初めて。子供たちもしかり。
そんな私たちに、ホタルはその姿を存分に堪能させてくれた☆
子供たちの手や背中、首筋などにとまってふわふわ遊んでみたり。
kentaは自分で捕まえて手にのせてじっくり観察することも出来た。
本当に貴重な経験が出来たと思う!
残念なことに、ホタルの季節は短くもうそろそろ難しくなるだろうとのこと。
また来年も見に来たいなぁ・・・

ちなみに、写真はムリでした;
儚い光はキャッチできないということもあるけれど、あの感動は写真なんかじゃ伝えきれない!!
これぞ百聞は一見にしかず、です。
とにかくとにかく、ホタルたちと友人夫妻に感謝☆★☆
[PR]
by kaokenken | 2007-07-10 16:48 | 生活

あふれるクローゼット

別に衣装もちじゃありません。問題なのはクローゼットに収納する容積ではなく、クローゼットそのものにアリ!!
とにかく狭い我が家のクローゼットたち。
中身が吊り下げタイプが2つ、押入れタイプが1つ、階段下収納が1つ。
それなりの広さがあればこれで十分なんだろうけど、一個一個がめちゃめちゃ狭いゆえ、使えないっつーの;
押入れタイプにしたって、下段は衣装ケース4つでキャパオーバーだし、上段なんて掛け敷き布団2組+ベビー布団でお腹いっぱいな感じ(怒)
季節ごとの肌がけや羽毛布団などしまう場所もなく、出しっ放しですよ・・・

まぁそんなわけで、吊り下げタイプのほうは早い段階から限界をむかえていたのだが、無理やり押し込んでは引っ張り出しの繰り返しで、コートなんかはしわくちゃに!!!
これはいかんと、洋服屋さんにあるような横に伸びるハンガーラックを購入。
ホームセンターで980円とこれまた激安♪
かくして、しわくちゃな洋服たちは無事救い出されたのでした。

安いといえば、最近のkentaは買い物に行くと必ず『お!これは安い!』とか『ママー!コレ高いよねぇ??』と、出会う商品全てにいらぬコメントをしてくれる。しかも超大声で(恥)
思い返せば、私の口癖なんだよね;
お買い得品に出会うと、『お、これは安いぞ~』と呟いてしまう・・・
特売前の商品に出会えば、『こりゃ高いなぁ、来週まで待とう』などなど・・・
『これは美味しいんだよね』とか、『これが旬の食材なんだよね』とか、もっと食育につながる発言を心がけまーす;

ぶれたけど、車内で寝てしまった二人。まるで同じ顔!!
f0017462_1133993.jpg

[PR]
by kaokenken | 2007-07-07 11:04 | 生活

目覚めの音楽

昨日も今朝も、素晴らしい音楽で目が覚めた。
ウグイスとカッコウのさえずり♪なんと贅沢!!

ウグイスのほうは、最初は『ホッホゲッ』とか『ホゲギョギョ』とか、かなりへたっぴさんだった。
でも、時間がたつうちに徐々に上手になり、昼頃にはすっかり美しい『ホー、ホケキョ』となった☆

で、今朝はすっかり上手になった完成版ホーホケキョで目覚め、とても精神的に満たされた目覚めです。
目の前の民家の庭がプチ雑木林のような状態だから、そこに住んでいるのかな?
この声も都心に戻ったら聞くことはないんだろうなぁ・・・なんだか寂しい;
[PR]
by kaokenken | 2007-07-04 17:15 | 生活