母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

兄弟喧嘩

だいたいは食べ物やおもちゃの取り合い。
でも、kentaはあまり本気で、必死でやりあってはいない。
でも、kotaはまだ小さい&とっても気の強いがきんちょなので、いっつも先に手を出してしまう。
そんなときでも、kentaは決してやり返したりしない。
たまーに、取り合いしている拍子に手がぶつかるとか押し倒してしまうことはあるけど、『このやろー!エイ!』みたいな手の出し方はしない。

さっきも、たこ焼きを潰してぶちまけているkotaに、『いけないよ!』と言ってkotaの手からたこ焼きを回収していたkenta。
やりたいことを妨害されたkotaは、案の定おにいちゃんに八つ当たりで、フォークでkentaの頭をガスガス叩いてしまった。
これは悪いことなので、私がkotaの手をビシッと叩いて叱り飛ばしたが、そんな私にまでぶーぶー文句をたれてなおもたこ焼きを投げつけるkota。
なんてやつだ(怒)
一方kentaは、『kotaにいけないよって言ってあげたのに、叩いたよ。』と頭を抑えて眉間にシワ寄せて訴える。
でも、怒ったり泣き喚いたりしない。

kotaもそのうち落ち着いてきたので、『お兄ちゃんに謝りなさい、いい子いい子してあげなさいよ』と諭すと、ぺこっと頭を下げてお兄ちゃんの頭をぐしゃぐしゃとなでなでする。
kentaも、『いいよ』と。
これで仲直り。

穏やかなケンカだ・・・
今はまだkotaが小さいからなのかな?もっと口がたち体力もついてきたら、こんなケンカじゃおさまらなくなるんだろうけど・・・
でも、kentaの穏やかな性格のおかげというところが大きいと思う。

そりゃあ時々ワガママがひどかったり愚図りまくったりすることもあるけど、でもやっぱり穏やかな子だなぁと感心するところが多い。
kentaって、すっごくエライと思う。

なんて親バカな!!!

その分kotaが激しい性格の持ち主なのかもしれないし、まだ油断は禁物だわ;
[PR]
by kaokenken | 2007-04-30 12:10 | 育児

お迎えの時間

今週から、勤務時間を変更。
火・木のみ午前からで、水は午後一時からという勤務時間にしていたのだが、そうするとお迎えの時間がどうしても遅くなってしまう。

私の感覚でしかないのだけれど、日が落ちてくる頃は親が恋しく思える・・・ような気がする。
遊び疲れて、そろそろママを思い出す頃かと。
そんなセンシティブな時間帯には、一緒にいてあげたいと思った。
先週はお迎え時間が5:30くらいになってしまったのだが、他の子が帰り支度をしている様子を眺めるkentaの姿を見たとき、迷うことなく『勤務時間早めよう!』と決意。

ちょうど、私の仕事内容が午前集中型ということもあり、上司には3日とも午前から出られないかと打診されていたこともあり、すんなりと勤務時間の変更が出来た。
水曜も朝から出勤する代わりに、火・水とも上がり時間を早めてもらえた。

今日はお迎えに行ったら、まだお友達と遊んでいる真っ最中だったので、寂しげな表情など微塵もなく、満面の笑顔で駆け寄ってきた☆

あ、kotaはまるでノープロブレムな様子なのであしからず・・・
なんとずぶとい次男坊。
[PR]
by kaokenken | 2007-04-24 21:42 | 育児

強歩大会

先週末、市をあげての一大イベント(?)のひとつがあった。
競歩じゃなくて、強歩大会。
名前の通り、競うとかの次元じゃない大会なのです。
山梨県の韮崎市からわが町までの約70キロの道のりを夜通し歩くという、頭おかしいんじゃないかと思うような大会。

でもわたくし、この頭おかしいんじゃないか大会に参加しようと思っとりました。何を血迷ったか・・・

前からフルマラソンには興味があった。
といっても、ホノルルマラソンとか沖縄マラソンとか、なんだか楽しげなもの限定。
経験も、10キロマラソン程度しかない。
長距離よりはリレーとか短距離が得意だったから、完走する自信はないんだけど;でもホノルルなんかは、参加者はたいてい『楽しいよ~』と言うし、なんか完走できたら人生観変わりそう!と思う。

そんな感覚で『出ようかなー』なんてほざいていたけど、真夜中の山道で拉致られたりしたら怖いわ・・・なんてありえない妄想に負け、断念。
でも断念して正解!
ジャザの先生は結構走りこんでトレーニングしていたのに、リタイアしたって言うし;
恐ろしいほどの辛さだそうで。
ちなみに先生のダンナさんは3位入賞したとか。すごい!!
聞くところによると、やはり日々走りこんでいるらしい。
トレーニングらしきものも何にもやってないこんなだらけた主婦が参加しても、ぶっ倒れて皆様に迷惑かけるとこでした。

でもね、以前テレビで見たんだけど、フランスのワイナリー巡りをするマラソンがあるらしくて、それは絶対参加したいんだなぁ♪
ひたすらワイナリーを渡り歩き、その都度飲めや歌えや食えやで、へべれけに飲んだくれながら夜通し走り、歩き、つぶれるという・・・
まぁなんて楽しそう☆

f0017462_1654436.jpg

4月早々に出していた兜。やっと出番が近づいてきたね~♪
端午の節句の主役たちは、春たけなわでますます元気いっぱい!!
f0017462_1685230.jpg
f0017462_16133010.jpg

[PR]
by kaokenken | 2007-04-23 16:14 | 生活
今週から始まった、ワーキングマザーな日々。
といっても週の半分だけだが;

仕事に関しては、職場の人間関係に悩まされそうな気配もないし、上司は育児に理解のあるとても良い方だし、求められる仕事内容も資格や経験に準じたやりがいのある仕事だし、文句なしかな♪

でも、送り迎えとか帰宅後の家事とか、やっぱ大変!!!
慣れればこなせるようになるんだろうけど、今週は子供たちを食卓で待たせてしまったりパパにも迷惑かけたなぁと、反省・・・

これじゃいかん!
家族に迷惑かけてまで働く本末転倒な事態は断じて許せんので、なんとかせねば。
ごはんの下ごしらえとか冷凍処理とか、もっともっとやっとかないとな。
土日は仕込みデーとしますか;

しかし、外で自分の世界を持つというか、自分が必要とされる空間に身を置くことは、非常に良い。
生活全般のモチベーションが上がるし、一分一秒を無駄なく使おうという意識も生まれるし、何より子供たちとの触れ合える時間がとても貴重な宝物だと再認識できた。

母はがーんばーるぞー☆
[PR]
by kaokenken | 2007-04-20 11:50 | 自分

むかしばなし

私はおばあちゃんに育てられた。
衣・食・住の世話全般から遊び、お出かけ、しつけまで、すべておばあちゃん担当だった。
唯一、教育には大嫌いなおばさんが口を出してきていたけど・・・
母も一緒に住んでいたけど、仕事してたから一緒に遊んだりごはんを食べた記憶がない。
父は幼いときに離婚していたから、ぼんやりとしたイメージしかない。
離婚後は、母の兄である伯父の養女になり、戸籍上の父は出来たけど、やはり父らしいことをしてもらった記憶は少ない。
代わりに遊んでくれたのはおじいちゃんだったかな?

母らしいこと、父らしいことって、感じ取る子供にとってそれぞれだろうから、定義はないと思う。
私にとっての母らしいことは、一緒にお菓子を作ること。
父らしいことは、自転車の練習をすること。
お菓子つくりをしたことは、小5の時に一度だけあった。
仕事に行く前に、私が作っていたのをちょこっと手伝ってくれた程度だったかな。
それでも、私の記憶の中には鮮明に残っている。
ストロベリーパイを作ろうとしていた。
大失敗だったんだけど、一緒に作ったことが嬉しくて、結果なんてどうでも良かった。

自転車は、三輪車の時は手伝ってもらった覚えが何となく残ってる。
でも、それが実父なのか伯父なのかおじいちゃんなのか、その他の誰かなのか、全くわからない。
補助輪をはずしてからの練習は、毎日1人でやった。
近所の家の壁や電柱に激突したり、坂でコケたり、ハンドルもカゴもぐにゃぐにゃに曲がったこともあった。焦って真っ赤になりながら直したっけ・・・
さすがにチェーンが外れた時は、通りすがりのおっちゃんが直してくれた。
それでいつの間にか乗れるようになった。
公園に行くと、他の友達はみんなお父さんと練習していて、すごく憧れた。
でも、別にいいや、あれこれ言われるのは面倒だ、とも思った。
あまのじゃくというか・・・

kentaの自転車の練習に付き合っていて、ふとそんなことを思い出した。

子供は、親がいなくても育っていける。
それは物理的に間違いない。
でも、心の中ではぽっかり穴が開いたまんま。
幼いときに親にもらうはずだったたくさんの愛情を、今私はダンナや子供たちに求めている。
必要とされていない、想われていないのではと思うと、とても不安で寂しくて怖くなる。
反面、誰にもかまって欲しくない、1人でいたいと思うときもある。
ちょうど、1人で自転車の練習をしていた時のように。
なんだろうか、このこんがらがった精神構造は;

今は、親に愛されていると思う。
でもそれは、孫がいるからなのか?なーんてひねくれたことを思ってしまったり・・・
あーあ、素直でまっすぐな人間になりたい!!
[PR]
by kaokenken | 2007-04-15 10:51 | 自分

仕事復帰に関し・・・

周りの人たちにもちらほら報告をはじめた。
で、数人からは「えー!働く必要ないじゃん!」という反応。

ダンナの職業柄、他の家庭よりもきっと裕福に違いないと思われている様子。
でもね、皆さんと同じサラリーマンのようなものですよ・・・
そりゃあ多少は収入良いかもしれない。
でも、そのぶん休みはほぼ皆無。
出張も多い。
有休とか年休とか与えられてはいても、そんなのあることも知らないうちに、まぁ知ったところで消費できずに一年が終わる。
学会費や論文印刷代なんかにも年間50万くらいかかってるし、交際費も冠婚葬祭費も一般常識よりケタはずれに多くかかる。
こちとらフツーの生活してるってのに、節約頑張ったりしてるってのに、周りのイメージはかけ離れている。

そもそもムリして外車を買ったところからしわ寄せがきている。
ムリしてでも欲しかったし後悔なんてしてない。
でも、ローンや維持費には頭が痛い。
これをなんとかせねば・・・と思って、仕事復帰を決意した。
これが本音。
kentaの入園にタイミングがあったことだし、kotaも朝から晩まで外遊びしたがるし、預けて私が働くのは可能と判断した。

これで例えばkotaはママべったりだとか、人に預けると泣きっぱなしだとか、子供たちに少しでも負担をかけてしまうようなら、働くことなんて考えなかった。

でもね、「やっぱり外に出たいんだね~」てなことを言われちゃう。
そうじゃないんだけどな・・・
誰よりも子供たちのことを、家庭のことを考えているつもりなんだけどな・・・
自分勝手な願望だけで働こうとなんて、これっぽっちも思ってないのに。


こんなことをうじうじ言っていても、仕方ない。
仕事していても、今と変わらず、今以上に、子供や家庭のために頑張る。
そうすれば、周りも納得してくれるかな?

ここのところ、仕事復帰のリハーサルを毎朝している。
kentaは園バス大好きだからできるだけバスで通わせてあげたいので、それまでに家事やダンナ、子供たち、自分の支度をすませ、kentaを送り出し、8:30ジャストにkotaと出かける。
時間が限られていると思うと、家事も雑用も家族の世話も自分のことも、いかに要領よくすすめていくかを考えるようになる。
働こうとも思わず、のんびり専業主婦していた頃とはまったく変わった。

ホントは8:30から勤務にしてもらえないかと人事の人に言われたけど、そこは譲れません!
kentaから園バスは取り上げられないので。前の晩から楽しみにしてるんだもんね♪


リハを繰り返す毎日の中思うのは、ワーキングママってほんとにすごいや・・・ということ。
24時間働きづめだもんね!
それでも生き生き輝いていて・・・私も輝けるかなぁ☆
[PR]
by kaokenken | 2007-04-11 14:01 | 自分

開花宣言

おととい、やっと開花宣言が出されました。
もう一声なんだけど・・・
f0017462_1704143.jpg

蕾だけれど、木が全身で花を咲かそうと萌えているようで、なんとも美しく情緒深かったです。
木の周りが桃色のオーラに包まれているような・・・
桜の木って、毛虫発生以外はいつでも何かしらの美しさをたたえているように思えます。
毛虫はサイテー;

今日はお友達みんなとさくらさく小径へ。
自転車とおやつ持参で、たくさん遊びました☆
kentaはひたすら自転車乗り回し・・・

f0017462_1743556.jpg

kotaは女の子をこき使い・・・

f0017462_1751927.jpg

いえいえ、ちゃんと順番こでドライブへ連れて行ってあげてました♪

f0017462_17112757.jpg

[PR]
by kaokenken | 2007-04-09 17:12 | 生活

病院での面接

というより、もう採用決定済みという感じで、希望業務や時間を聞かれた。
しかも、当初は訪問看護しか空きがないふうだったのに、外来も人間ドックも病棟も手が足りない状況だとか。
迷わず人間ドックが良い!と希望した。
もしくは外来。
基本的に、健康だと思っている潜在患者や、病気を克服し日常生活への復帰を目指している方への健康指導などが好きなので♪

闘病中の患者を相手にするのは、自信がない。
ブランクあるから能力面でももちろん自信がないんだけど、なんだか自分の生活全体が飲み込まれてしまいそうで・・・生活を犠牲にしてまで働きたくないという気持ちが根底にあるから、そういう気持ちで患者さんに関わるのはとても失礼だし看護なんてムリだと思う。
責任感なく仕事をこなすのはイヤだしね。

というわけで、ほぼ病院勤務にキマリ。
でも、念のため今日は役所へ話を聞きに行ってくる。

それにしても、仕事をはじめることを想定して朝動いてみているが、8時までに自分も旦那も子供たちも朝食や仕度を済ませ、ある程度の家事までこなすのって、とっても困難!!!
慣れればなんとかなるの?!
朝5時半起きくらいしないと無理なんですけど・・・
[PR]
by kaokenken | 2007-04-06 09:29 | 自分

祝☆入園!そして・・・

f0017462_1171715.jpg


入園式でも、あほ面かいてます;
f0017462_1185616.jpg

f0017462_119134.jpg

入園式後はぐずりまくってしまったけど、全体の集合写真はバッチリ!でも帰宅後の写真はこんなしかめっつらに・・・

f0017462_11103360.jpg

でも特注T-REXケーキで、機嫌は完全復活☆

こんなですが、めでたく入園できました☆
昨日からは早速半日保育がはじまり、バス通園を楽しんでおる様子。
もう朝からすごいテンションで、はしゃぎまくってつんのめりながらバスに乗り、3時間後に更にまたハイパワーなテンションで帰ってきます。
よほど楽しいみたい。
うらやましー・・・

ま、kentaもこうして新生活が始まったことだし、kotaは外出大好き人間だし、私も仕事復帰することにしました。
総合病院の在宅医療支援センターか市役所かで悩んでいます。
前者はパートタイムOK、時給も良いが、体力使うしモチベーションあがるかっていうと疑問が残る業務内容;
後者はキャリアにつながるし業務内容も興味ある分野だが、フルタイムのみ。時間的拘束が厳しいし、そのわりに給与面は劣る。

家族へ負担をかけるのは本意ではないので、週2~3で5時間勤務くらいののパートタイムを希望していたから、もちろん病院が妥当な選択。
でも、市役所は捨てがたい!!!
今日は病院、明日は市役所で詳しい業務内容を聞いて質問してくる・・・いわゆる面接?!

あぁ、なかなか希望に沿う仕事を見つけるのは難しい;
[PR]
by kaokenken | 2007-04-05 11:20 | 育児

入園まであと2日!

幼稚園に通うだけの体力は、もう十分に有り余り状態のkenta・・・
連日公園で遊びほうけている。
その姿をみて、感慨深い。

引っ越してきたばかりの頃は、同じ公園で遊んでいても付きっきりじゃなきゃ遊べなかった。
それが今や、お友達と手をとりあい追いかけっこしあいながら、母のほうなど見向きもせず遊んでいる。
成長したんだね☆

先日も、ちょっとしたことでだだっこになったkentaを叱ったところ、
『ママなんてやだ!川に落っこちちゃえ!』
とのたまった彼。
断じて私は『川に落ちろ!』などと言った覚えは一度もない。
『ママなんか死んじゃえ!』とも言ったかな。
どこで覚えてきたのか、どうしてそんなことを言うのか、混乱しつつも同時にショック・・・

落ち着いてから、どうしてそんな事を言うのか、どれだけママが傷ついたか、あなたが言った言葉はどんなにひどい言葉なのかを、一生懸命話した。
最初は右から左な感じで聞いていたkenta。
でも、『本当にママ、川に落っこちちゃったほうがいいの?死んじゃったほうがいいと思ってる?ママはこんなにkentaが好きだしそばにいたいけど、kentaがイヤならいなくなっちゃおうか?』
そう言ったら、本当に悲しそうな顔をして、泣き出して、『そんなことしたら、kentaが悲しいじゃん!なんでそんなこと言うの!』と。
そんなことを言ってくるとは想像もしていなかったから、驚いた。
でも、気持ちが通じ合った気がして、とても嬉しかったし成長を感じた。
ママは心が痛かったよ、と言うと、ごめんね大丈夫?と胸をさすってくれたkenta。
心からいとおしくて、入園してしまうのを初めて寂しく心細く思ってしまった母なのでした☆★☆
f0017462_317022.jpg


kotaは近頃、自己主張がめっちゃ激しいです。
キャラ濃い感じで・・・すでに兄弟喧嘩ではアニキを負かしてたり。
アニキはkotaに手を出しちゃいかんとわかっているので、負かしてやりたいのに手は出せないというジレンマで結局泣いてしまうという結末なんだけど・・・
あわれなkenta;
f0017462_3175470.jpg

[PR]
by kaokenken | 2007-04-01 03:21 | 育児