母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

友人の結婚式

日曜日は、ダンナが大学時代に、部活やバンドでつるんでいた友人の結婚式だった。メデタイ!!
式は帝国ホテル。招待客は200人だとか;芸能人か?!
いやいやこのツッコミ、マジで笑えないかも。
超有名サッカー選手や芸能人からのビデオメッセージがあったり、司会も有名アナウンサーだったりしたようで・・・
まぁ家柄いいし、本人も顔が広くて何かとスゴイ人なので、アリなんだろね。

私は二次会から参加したけど、これまたすごかった!
場所は六本木のクラブだったが、これも最近OPENしたばかりの話題のハコらしく(行きつけの美容師談)、よく貸切に出来たなーなんて、感心しきり。
しかも内容も盛りだくさんで、ホント楽しめた☆

そんな中、我がダンナは二次会余興のトリを飾ったのだ。
私はひたすらダンナのサポートに徹し、メイクに着付け、荷物持ち、舞台袖でネタ小物のスタンバイ・・・それはまるで芸人の付き人のよう。
その甲斐あって、ネタは大成功♪♪♪
新郎新婦もとっても喜んでくれたし、友人たちも「演出もネタもさすが!!!」と大絶賛された。
嬉しかったのは、私が書いた絵も大好評だったこと。
大変だったもの~苦労したもの~;
「影で支えるひたむきな妻」の図に、感動すらされた。
これはどうかと思うが、しかしまぁ努力が報われるわ~(涙)
またガンバロウ!(またやるのか!)
[PR]
by kaokenken | 2006-09-22 00:24 | 夫婦
gasyoさんこと、ダンナのお父さんは、世に誇れる伝説の男である。
若かりし頃から冒険家で、飛行機の飛ばない時代に沖縄まで何日もかけて旅したり、東南アジア諸国を巡ったり・・・
思い立ったら止まらないようで、趣味も数知れず多才。
作家でもあり、旅行記や趣味が高じてひょうたんの本や絵本までも執筆。
どれもバッチリ出版されているし、絵本はいまだにライフワークとして書き続け、子や孫を登場人物にしたりして遊びを楽しみつつ、きっちり賞を受賞したりしている。
昆虫採集も大好きで、自分で標本を作るし知識も半端じゃない。
沖縄も大好きで、これまたネイチャーガイドでも出来そうなくらいの膨大な知識を備えている。
こんなワイルド伝説を持ちつつ、外資系エリートで、ヘッドハンティングされまくりの敏腕営業マン・・・さすがである。
とにかく、ここでは書きつくせないほどの魅力たっぷりな義父、gasyo殿。

その義父を語るに、伝説の贈り物ヒストリーは決してはずせない。
それはいつも、一本の電話から始まる。
「あ、おとうさんだけど。今日、kenta(もしくはkotaro、時々ダンナの時もある)に荷物送ったから。明日届くと思うので、よろしく。」
で、翌日、とんでもなくでっかい荷物が届く。
あけてびっくり玉手箱である。

最初はダンナだった。
電話は沖縄から・・・何かお土産かなぁ?
翌日でっかい箱が。開けてみると、三味(さんしん)だった。
・・・まぁここまではよくあるっちゃあるのかな?

次は、kotaroだった。
これは前にもブログで紹介したと思うが・・・上記のセリフに、このときは「天然記念物なので。」という一言がくっついていた。
天然記念物?????
ドキドキしながら迎えた翌日。
私の胸元くらいまでの高さの箱が届いた。
開けてみると、たくさんの発泡スチロールのマシュマロみたいな資材が・・・
それらをかきわけていくと、グサッと鋭利なものが指に!!!
今度は慎重に手を入れ、探りながら包みのビニールをひっぱり上げると、出て来たのはカブトガニだった。
現在のところ、これほど大きなカブトガニには、どこの博物館や水族館に行っても、未だお目にかかっていない。

で、たった今。
実は昨日、予告電話があったのだが、そのときは「kentaにおもちゃを送ったから、遊ばせてやって。左の耳が取れてるけど、後でお父さんが直してあげるから。」とのことだった。
おもちゃか~と、まさかでっかいブツが来るとは夢にも思わず、普通に楽しみに待っていた。
油断していた私に先ほど届いたのは、高さ・幅ともに1メートルくらいありそうな包み。
思わず配達のおじさんに「なんですかこれ?!」と聞いてしまったが、おじさんが知るワケない。
で、ハッとおもいだした。
昨日の予告電話・・・
ひとまず梱包をとき、でてきたのはコレでした!
f0017462_1212648.jpg


スゴイ!木馬って、子供の頃すっごく憧れてたー♪♪♪
kentaも大喜びで乗ってる☆
テンガロンハットかぶって、「走れ~ブルズアイ!風のように~(by トイ・ストーリー)」
伝説の男は骨董品も大好きなので、これもおそらくお高いものなのでは???
とにかく、感謝!!私も毎年ネックレスや指輪頂いてるし・・・近いうちに必ず、恩返しいたします!
[PR]
by kaokenken | 2006-09-16 12:14 | 夫婦
昨夜、子供たちを寝かしつけようと寝室へ行ったときのこと。
珍しく昼寝をしたkentaはすぐには寝付いてくれそうもなかったので、絵本を読んだり、枕投げならぬぬいぐるみ投げをして遊んだり(興奮させてどーすんのってね;)、3人でベッドで少し遊んでいた。

で、大きなぬいぐるみをピョンピョン躍らせながらkotaを笑わせていると、それまで私の顔を見てケタケタ笑っていたkotaが、急に私の後ろのドアへ視線を移し、びっくりしたような表情に。
後ろのドアは、20cmくらい開けてあったので、そこからもれる階段の明かりに反応しているのかと思った。
しかーし、kotaの視線は何かに釘付けになったまま、少しずつ私の左方向へ移動。
いやーな感じなので、後ろを振り向くも、何もいない。
天井から吊り下げてあるモビールも動いていないので、それに反応しているわけでもなさそうだ。
もう一度kotaを見て、「kota、どうしたの?」と呼びかけた。
一瞬我に返ったように私を見たが、すぐにまたその『何か』に視線が移り・・・更に少しだけ左に移動したところで停止。
その視線がそこにあるはずのないものを捉えたまま、kotaはとーっても嬉しそうにニカーッと笑った・・・

うぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!何?何??何ですか何なんですか???
笑ってるということは結果的には良からぬものではないんだろうけど、でも何なの?誰なの?どうしたの?
あぁ、赤子の不思議。
その後すぐkentaに、「そこに何かいる?てゆうか、いた?」と聞いたら、
「・・・うーん。いたよ!・・・あ、いないよ!」
ってなんじゃそりゃぁぁぁ?!
知らぬが仏とでも言いたいのかい。

子供らにはいろーんなものが見えていて、さぞかし世の中面白いんだろうね(汗)
[PR]
by kaokenken | 2006-09-12 16:56 | 育児

kota、ずりバイ☆

先日、お出かけしようと支度をしている時のこと。
私が子供たちの飲み物を準備する間、kentaには靴を履いて玄関で待っているように伝えた。
キッチンでマグにお茶を入れていると、玄関からkentaの笑い声が・・・
どうしたのかと見に行くと、靴を履くkentaの元へ、kotaがものすごいスピードでずりバイをしていく!
それがとっても面白いらしく、kentaは腹を抱えて笑っていた♪
そんなアニキの姿に、kotaも大爆笑!私も大爆笑!なのでした☆

まだ足の力が弱いようで、ハイハイ完成版までにはいたらないが、腕だけでずりバイ、まるで自衛隊の訓練のようで笑える。

こうしてまたひと回り成長・・・
立て!歩け!話せ!
つい急かしてしまう親心;
成長しきった後は、相手にされなくなって寂しがるくせに(泣)
もっとゆっくりでいいんだよ~♪


夏の思い出後半戦part1:いとこたちとお泊り♪
f0017462_1724076.jpg


夏の思い出後半戦part2:初体験!自宅が花火会場☆
f0017462_1726179.jpg


夏の思い出後半戦part3:我が家のホームステイ娘、少し痩せた?!(デブすぎて微妙な変化じゃわかんねーよ!)
f0017462_172901.jpg

[PR]
by kaokenken | 2006-09-11 17:29 | 育児

小道具の準備

ダンナの結婚式余興ですが・・・
思うようにはかどらない(泣)

スケッチブックに紙芝居風の絵を20枚近く書く。ただそれだけなんだけど・・・結構大変。
ネタにあわせて小細工しなきゃならないし、新郎新婦の似顔絵がじゃんじゃん出てくるから、やっつけ仕事で書くわけにいかない。

ギャラをくれー!!!
と発狂したら、ダンナ、「Aちゃんと飲みに行っていいよ♪」と。
うっそ~マジですか♪♪♪
Aちゃんとは、こちらに越してから出来た友達。
ママ友なんだけど、しかもまだ知り合って3ヶ月なんだけど、超気が合うので毎日のように遊んでいるのだ。
で、毎日のように「子供たちをダンナに預けて、パァーっと飲みにいきたいよねー;」
と、叶わぬ夢を語り合っている。
でもでも、その夢が叶うとな?!

鼻先に酒瓶をぶら下げられて、せっせと働く駄馬のようなワタシなのでした(嘆)
でもそれが何よりのごほうびだわ☆


そうそう、kentaは今日、生まれて初めての運動会に参加してきた!
どんぐり教室生は、幼稚園の行事にはバッチリ参加できるので、演目まで頂いていたのだ☆
「ひ~よこ~がね♪お~にわ~でぴょっこぴょっこかっくれ~んぼ♪」
という、そのまんま『かくれんぼ』というあの童謡にのせて、母はニワトリ、子供たちはヒヨコの帽子(カップ麺の空き容器made)を被ってお尻フリフリ踊るのだ。
母はみっともない。が、子供たちはカワイイ♪

kentaはいつも集団生活からとっぱずれた行動ばかりなので、こんな大衆の面前でもワタシは追いかけ回したり叱ったりしなきゃいけないのかと、ゲンナリして迎えた今日。
しかし、本番では営業スマイル満開で、歌を口ずさみながら完璧に踊ってみせたのだ!
これには先生もビックリ・・・
だって、練習のときは一度も参加せず、フラ~っと砂場に行ってみたりお絵かきに没頭してみたり友達と追いかけっこに興じたり、まるでやる気ナシだったから。

こいつは本番に強いのか・・・要領のいいヤツめ!
[PR]
by kaokenken | 2006-09-09 23:52 | 夫婦

わー久々!

投稿が、というより、PCにゆっくり向かっているのが、久々。

子供たちが大きくなっていくにつれ、日に日に自分の時間は削られていく。
もともとそんなになかったから、今やもうマイナス?!

大きくなればなるほど手がかからなくなり、自分の時間が増えると思っていたけど、どうやらチガウようだ;
毎日お出かけしたり外遊びしないと気がすまないし、かといって昼寝しないし、夜は夜で昼間出来なかった家事のやり残しやダンナの相手(これは自分の時間とはいえない!)・・・
自分の時間をなんとしても作るなら、睡眠を削るしかない。
というわけで、ここのところ毎晩1:30くらいまで起きている。

まぁ、唯一晩酌の時の一口目のビールを味わう瞬間♪
これが自分の時間。至福の時。

来年はkentaがやっと幼稚園に入園するし、2年半後にはkotaが入園だし、そしたら1人の時間がたっぷり出来るんだ~☆
没頭できる趣味をもちたいな・・・何かまた勉強して資格を取ったり、仕事に復帰するのも良いかも。
夢は果てしなく広がる!!!
ん~・・・でもその頃には3人目欲しいんだよな(泣)

あ、kotaが泣いてる;
[PR]
by kaokenken | 2006-09-07 13:45 | 育児