母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

銅像と姫様

私の住む亀有は、あの『こち亀』で有名。
実際、亀有公園前には派出所などないのだが、駅前には派出所がある。
だからなのか、駅前にあの主人公の銅像が建立された。
大仏でもないのだから建立という表現はちょっとチガウのでは・・・とも思うが、多分想定上の実物大に作られていて、結構デカイ!

で、今日はスーパーで買い物した帰りに駅前を通っていると、なにやら銅像周辺に人垣が・・・
銅像が出来てから二週間近くたっているが、たま~に冷やかし半分で写メを撮る若者を見かけたことはあったけれど、人垣が出来たことなどない。
『?』と思いつつも通り過ぎようとした瞬間、見たことのあるクリンクリンの金髪ヘアーが、人垣の間からチラッと見えた!
もしかして、もしかすると???
そう、姫様でした♪ブランチの。
あのチョコチョコ歩きをしながら亀有アピールに必死。
すぐ近くに大型ショッピングモールもできるし、その宣伝かもね~。
葛飾区も大繁盛だ。

ずいぶん前には、途中下車の旅で太川なんとかさんという人もロケしてたし、こち亀替え歌でちょいヒットしたお笑いコンビも来てた。
でも、『キャー写真撮らなきゃー☆★☆』というテンションまで上がりきらない方々ばかりで、いまだ写メすら撮ってません;

それにしても・・・生まれ育った街である宇都宮には、高校のときに駅前に餃子像が出来たし、なんでこう私の行く先々にはイマイチいけてない銅像ばっか出来ちゃうんだろ(泣)
[PR]
by kaokenken | 2006-02-27 18:19 | 生活

HAPPY & UNLUCKEY

今日は2人を連れて、先輩ともだち(元職場の先輩で、今はママ友)のお家へ遊びに行った。
二人目の出産祝いということで、もう一人の先輩ともだちも子連れで集まったので、子供が総勢5人!
うち2人は乳児&新生児だけど、動ける3人はすっごいはじけてはしゃいで、大騒ぎ!先輩宅はもう嵐が過ぎ去ったようで・・・
散らかしっぱなし、お昼やお茶をいただきっぱなしで、本当にスミマセンでした;
でも、子供たちは本当に生き生きとしていて楽しそうだったなぁ♪
心の底から笑っている感じ。それぞれの個性もはっきりしていて、面白くてお腹抱えて笑いっぱなしの母たちでした☆
で、ここまではとってもHAPPYだった・・・
f0017462_16382396.jpg


帰りに、もう一人の先輩ともだちを最寄駅へ送ってから高速で帰るということにして、馴れない町並みを走っていた時のこと。
もうすぐ駅前に着くというところの交差点で信号待ちをしていると、右折するその先に警官発見。
でも、シートベルトしてるし、チャイルドシートはバッチリだし、一通でもないし、何も悪いことしてないからOK!
と頭の中で確認しながら警官の横を通過しようとしたその時でした。
あらら、こっちにくる・・・
いや~な予感を感じつつも窓を開けたら、やっぱ私?私ですか??
『あの交差点、右折禁止なんですよね~』
・・・標識、ぜんっぜんわからなかったんですけど・・・(汗)
てゆうか、右折のウィンカー出して信号待ちしてる時点で、教えてくれても良いのではないですか?

初めての違反・・・始めての罰金・・・あーあ、今年の夏の更新でゴールドのはずだったのになぁ・・・

なんて、落ちに落ちまくってたけど、警官にも泣きついてみたけど、前向きに考えることにした!
今まで高速で結構スピード違反とか無理な割り込みとかしちゃってたし、それでもオービスにも白バイにも捕まったことなかった。
調子ぶっこいてたことは確か。
神様が、『そんなんじゃ、いつか事故にあいますよ!』という警告を出してくれたんだなぁ・・・と、思えてきた。
最後の頃は、警官に『良い経験させて頂きました、ありがとうございます』なんて言ってしまい、『・・・あまり感謝されるもんじゃないんですけどね』なんてドン引きされたけど;

でもまぁ、帰り道の運転はとっても丁寧で優等生なものになったことは間違いない。
子供二人乗せてるんだし、安全運転第一じゃないとね♪
先輩ともだちにも、かえって時間がかかったし心配させたし申し訳ないことをしてしまった・・・申し訳ないです;
f0017462_16491954.jpg

新幹線好きなkentaは、高速で他の車を抜きまくってると、『はやいねぇ~♪』なんて言って超喜ぶんだけど・・・乗せられちゃイカン。
[PR]
by kaokenken | 2006-02-25 16:30 | 自分

子供の成長

買い物の帰りに、馴染みの薬局へ寄った。
風邪の後遺症でなかなか咳が止まらないので、マスクを買いに・・・
レジでお金を払っていると、kentaが店長のおじさんと一緒に、何やら相談しながらダンボールの箱を覗き込んでいた。

kenta『うーん、こっちにしよっか』
おじさん『何でも持っていきな』
kenta『・・・』
おじさん『もう捨てるもんばっかりだから』
kenta『じゃー、これは?』
おじさん『あー、いいよいいよ』
kenta『これも?あとー、これも?』

おいおい、いい加減に物乞いはやめなさい!
何をもらっていたのかと見ると、よく駄菓子屋さんや100均で見かけるようなゴム風船やチョロQなどのおもちゃ。
キャンペーンの時のおまけとして置いてあったものだが、もういらなくなったので大盤振る舞いしてくれているのだ。
高いものじゃないしまぁいっかと思って、2つだけ頂いて帰ることに。
で、kenta自ら選んだのが、ビーズだった。
付属品でゴムがついていて、ブレスレットなんかが作れるキット。
一瞬、この子にできるかなぁと悩んだ。
でも、そういえば甥っ子も2歳か3歳くらいの時に、よくこんなビーズのアクセサリーを作ってはプレゼントしてくれていたことを思い出した。
自分で選んだんだし、やらせるだけやらせてみよう!

家に帰ってから、早速教えてあげた。
すると、すごい食いつき!で、すごい集中力!
没頭すること10分、あっという間に一つ目のブレスレットを作り上げた。
最初の三つくらいは私が通して見せたが、あとは全部自分で♪

子供って、おのずと自分の能力に見合った遊びを選び出してくるんだなぁと、感動してしまった。
出来るかな?なんて親が心配することない。変に介入しない方が、子供の力はぐんぐん伸びていくのではないか。
子供には何も判断できないんだから、ある程度の年までは親がレールを敷いてやらないと・・・という言い分をよく聞くし、私も『そうなのかもなぁ』なんて思っていたが、違うのかも。
子供はきちんと考えているし、チャレンジしようと頑張るし、決してへこたれない。
自分がやりたいことに一心に向かっているからだろう。

夢が持てる子に、やりたいことが明確に持てる子に育って欲しいと常々思っているが、実はみんな最初はそうだったのかな。私も。
余計な雑念が入りすぎて、知らないうちにやりたいことも夢もわからなくなってしまうのかも・・・
親や大人たちは、犯罪に絡むことや命の危険に関わること以外は、子供の考えやすることに手出し口出しすべきではない!
f0017462_16255697.jpg

もくもくとビーズ通しをするkentaを見ながら思ったのです。
f0017462_1627186.jpg

きっとこの子も、こんなちっちゃくても、色んなやりたいことで胸がいっぱいなんだろうな☆
[PR]
by kaokenken | 2006-02-24 16:01 | 育児

新居

ここのところ、すっごく忙しい。
引越しの見積もりをとってもらって検討したり、新居探しで現地のたくさんの不動産屋さんと連絡をとり、資料のやりとりをし、今週なんて2回も現地へ行くことになる。
水曜日はダンナも一緒に小旅行気分で楽しく行ったが、帰りはダンナは新しい職場の上司とお食事会のため、子供たちを乗せて一人で上信越をかっとばして帰ってきた。
夜の上信越、むっちゃ怖い!!横川あたりになるとライトが増えてくるんだけど、そこまではもうトンネルと山道の繰り返しで、死にそう(泣)
で、明日も子供たち二匹を連れて一人でまた現地へ行く。前回味わった夜の上信越は当分ご勘弁願いたいので、今回は新幹線。
kentaは新幹線大好きなので、大喜びである☆駅弁でも食べながら楽しく行こうっと♪

新居を探すにあたって、職場に近い家か、大型ショッピングセンターや駅に近い家かで、とても迷った。
買い物などの利便性を考えると、断然後者になる。あっちではどうせ車移動になるから、職場からは多少離れていても良いかと思っていた。だけど・・・
ダンナの身になって考えてみる。
大阪生まれの横浜育ちという、生粋の都会っ子であるダンナ。現地の田舎ぶりにかなりのカルチャーショックを受けていたダンナ。
見知らぬ土地であるうえに、慣れない田舎暮らし。しかも職場も変わり、人間関係もイチから築いていかなければならない。
前任者の残した功績に負けないよう、仕事も人一倍頑張らなければならない。
憂さ晴らしに飲みにいくような場所もなかなかない。友人たちも遠く離れた場所にいる。
支えになるのは、私たち家族だけなのだ。
仕事で行き詰った時や、辛くて逃げ出したくなった時に、すぐ近くで家族が待ってくれていると思えたらどんなに嬉しいだろう。
お昼休みなどちょっとした時間に、家族の待つ家へ息抜きに帰る事が出来たら、どんなに気が楽だろう。

そんなことを考えて、職場のすぐ近くで物件探しをすることにした。
駅に近いところに比べるといろーんな面で見劣りするけれど、まぁパパが苦しむことに比べたら、たいした問題じゃないし♪

夫婦だもん、自分勝手ではいけないよね。
常に相手の立場に立って、して欲しいであろうことを自然と出来る伴侶でありたい。
それを相手にも求めちゃうと、またストレスたまっちゃうから、そこは期待しないのが夫婦円満の秘訣でもあるかな。
無償の愛ってやつですか(照)
[PR]
by kaokenken | 2006-02-17 22:35 | 夫婦

バーニャ・カウダ

一昨年、懸賞でフォンデュセットが当選して以来、我が家では時々バーニャ・カウダを作る。
それは、ニンニクとアンチョビとオリーブオイル(もしくはバターでも美味)だけで出来る、とーっても簡単なお料理♪好きな野菜やソーセージなどを付けて食べるディップ形式なので、おつまみに最高。
イタリアン大好き&ニンニクLOVEな我が家では、チーズフォンデュよりもバーニャ・カウダのほうが出番が圧倒的に多いのだ。

先日車の中で何気なしに聞いていたラジオで、そのバーニャ・カウダが話題になっていた。
なんでも、バーニャ・カウダはイタリアのトリノの名物料理だとか。冬季オリンピックが今現在開催されている、あのトリノである。
へぇー、知らなかった。

こりゃあオリンピックでの日本人の活躍を期待する意味でも、バーニャ・カウダを食さねば!
ハーフパイプでは某兄妹にガッカリ、というか怒りすら覚えて、オリンピックなんて二度と見るもんか!なんて思っていたが、心機一転、フィギュアやラージヒルに期待☆

ということで、今日はバレンタインだからチョコレートフォンデュにしようと思っていたけど、急遽バーニャ・カウダに変更!
ワインかシャンパンでもあけようっと♪
f0017462_15364580.jpg

[PR]
by kaokenken | 2006-02-14 15:26 | 生活

ヤバヤバ;

最近、自分はちょっと精神的におかしいんじゃないかと思うことがある。
もともとキレイ好きというか、潔癖症に近いところがあるが、子供が増えていくにつれてその度合いがすさまじい勢いでひどくなっていくような・・・

kentaは、まさに魔の二歳児といったところで、とにかく言うことを聞かないし反抗期だし、あまのじゃく。
それは食事でも遊びでもTPOなんて関係ナシ。
だから、食事中に暴れまわってみたり、おもちゃ箱をひっくり返してみたり、買い物中にひっくり返って地面に寝そべってみたり。

私にとっては失神するほど『不潔』な行為が毎度毎度kentaによって繰り広げられる。
反抗期やあまのじゃくは大いに結構、どんどんやってくれ!と思えるが、何もそんな不潔な行為を伴わなくてもいいじゃないかと、だんだんムカついてくる。
ムカツク理由がちょっとばかり他のお母さんたちと違うよね・・・

で、最近のkentaを叱る言葉は『バッチイでしょ!』『片付けなさい!』『食べ物で遊ばない!』の3つに絞られてきた。
叱りながら床掃除をしたり、手を洗ったり拭いたり。
だからkentaは、叱られている理由は汚したり散らかしたりすることだと、勘違いしてしまっているかもしれない。

別に、汚したっていいじゃない。散らかしたっていいじゃない。
と、言われることもある。
でも、我慢ならない。
おもちゃは、出しっぱなしにしないで遊んだらすぐ片付けるし、食事もこぼしたものはすぐ掃除するし、外では地面や床に座り込むことは絶対にさせない。しちゃったら家に帰り次第すぐ着替えさせちゃう。
昔は自分だって地面や床に座り込んだりしていたくせにね;

こういうビョーキみたいな潔癖症のおかげで、毎日ものすごく疲れている気がする。
もっと気楽に『散らかせ散らかせ~』と思えれば、ずっとラクなのに。。
kentaが冬彦さんみたいになっちゃったら、間違いなく私の責任だ。
どーしようぅぅぅ・・・
f0017462_8375643.jpg

そうそう、サファリパークで、すっごく素敵なトラがいた。写真撮られてるのを横目でチラチラ見ながら、ずーっとポーズとってた。
f0017462_8362952.jpg

[PR]
by kaokenken | 2006-02-09 08:19 | 育児

パパはボクだけのもの!

週末は珍しくダンナが2連休だったので、kentaはパパにべったりだった。
そのべったり度合いはすさまじく、kentaの意外な一面を見てビックリした。
いつもはkotaにはとっても優しいお兄ちゃん。
なのに、パパがkotaをあやしたり抱っこしていると、『ダメー!』と叫んでパパにしがみつく。そしてkotaを押しのけたりにらんだり。
kotaが産まれてからこれまで、遊んであげられないと淋しそうにしたり夜泣きがひどかったりしたことはあったけれど、私に対してここまでの独占欲を示したことはなかった。
私にもちょっとはそういう態度を見せてよ・・・と、少し淋しく思ったり;

でも、こんなのが毎度毎度だったら、とてもじゃないがkotaのお世話なんて出来ない!
できるだけパパにはkentaと遊んでもらうようにしていた結果が、『ママは共有、でもパパはボクのもの!』というkentaなりの結論に至らしめたのかも。まぁ、これで良かったのかな?

kotaがもう少し大きくなって、パパに遊んでもらえる日がやってきたとき、果たしてkentaはどう動くのか。
予測不可能・・・兄弟でパパ争奪戦?バトル勃発??こうご期待☆
ママは関与しないし、大変なのはパパだから、気にしな~い♪
[PR]
by kaokenken | 2006-02-06 09:15 | 育児

個性爆発

子供たちが集まると、とてもおもしろい。

今日はリトミックのあとで、みんなでランチをした。
子供は総勢8人。まぁ、うち3人はまだベビーちゃんだったから手はかからなかったけど;
もちろん2~3歳児の5人は・・・案の定、好き勝手し放題!

でも、その『好き勝手』の内容が、多種多様で本当に興味深い。
この時期の子供たちは、まだそんなに他人と関わっていないため、感化されることもなく、持って生まれた個性が大爆発している。

ドラえもんの人物相関図って、子供世界の縮図をそのまま表しているなあと実感したり。
自分勝手で傍若無人な子(ジャイアン)、その恩恵を受けようとひたすら付いていく子(スネオ)、やられっぱなしな子(のび太)、お世話好きな子やいつもニコニコ平和主義な子(しずかちゃんとかドラえもん)などなど。
うちのkentaは・・・我関せずであまり争いごとには関わらないタイプである。
物取り合戦とか、もうちょっとやる気を出してくれると、親としても安心なのだけれど・・・
[PR]
by kaokenken | 2006-02-01 16:54 | 育児