母で妻で時々ワタシな365日 kenkota.exblog.jp

闘う一人三役


by kaokenken
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:車( 6 )

貴公子のその後

売り飛ばしてやろうかと考えていた貴公子くんですが、やっぱりやめました;
やる気満々で5~6社の中古屋に査定を頼んだけど、どれもこれも『こんな値段しかつかないの?!』と凹むばかりで・・・
頑張って値段吊り上げたところで、購入時の半額にもならないという悲惨さ。ローン残額の7割程度の足しにしかならない。
燃費がかからないような工夫をしつつ、末永く大事に乗り潰してやろうと思った次第です。

そこで今度は『家賃払い続けてんのってバカじゃん!』という方向にシフトチェンジ。
持ち家が欲しいなぁという気持ちが日に日に増していきます。
場所は・・・佐久がいい♪
海の近くとも思ったけど、温泉がそばにあるのって最高だし、水も空気も野菜も美味しいし、災害は少ないし、永住の地としてはBEST☆

少しずつ土地情報とか集めていこうかな~と考えてます。
今日遊びに来てくれた昔の職場の先輩も、マンションは購入済みだけどそこは賃貸に出しても良くて、子供たちが小さいうちだけ広々使える家を借りて、夫婦だけになったら持ち家のマンションに戻ってもいいんだよね~なんて話していた。
そういう柔軟な考え方もあるよね。転勤族ならなおさら土地に縛られないしいいかも。

家が欲しい熱は、どんどん過熱していきそう!
[PR]
by kaokenken | 2008-09-03 00:34 |

地球にやさしく

我が家のイギリス貴公子は、とかく燃費が悪い。
貴重なガソリンをガブガブ飲み、二酸化炭素ガンガン吐き出し、非常に地球への態度が悪い。
点検や車検のたびに莫大なお金もかかるヤツで、正直もてあましている。

だけど、なにしろルックスが最高なので文句言えない;
車高上げられたり性能も良いしね、手放しがたい。

しかしやっぱりこれじゃ不経済だし堅実じゃない!!
これからどんどん子供たちにもお金がかかっていくし、家だって欲しいし、それじゃなくてもダンナの趣味車で将来設計ガタガタになりかけてるし、ここは肝を据えて質実剛健にならないとね。

というわけで、国産車に買い換えようと提案中☆
早速、片っ端から車買取業者に査定額を聞いているところ。
だいたいの売値、ローン残価との兼ね合い、現状と国産車にした場合との維持費の差など、数字の羅列でダンナを説得しようと思う。

ローン組みなおしてまた支払うことになっても、大まかな試算では年間400万円以上も差が出ることに。燃費が半減するからね、これは大きい♪

いいかげん私も、締めるとこビシッと締められる賢い主婦になりたいものです。
[PR]
by kaokenken | 2008-08-25 10:25 |
我が家の一大事件勃発です。

なななななななんと、我がダンナ、車を買い換えます。

バカだな~とか思った方、その通りです;批判は甘んじて受けます;;

でも、実は車を買い換えるという夢を、4~5年前から果たせずに胸に抱いていた彼。
まずはファミリーカーを買わなきゃね!
もうちょっと生活が落ち着いてからね!
まだ車走れるし、もう一回車検通してからね!
などなどと言いくるめながらずっとガマンさせてきたけれど、このところダンナは仕事に疲れ魂抜けそうな状態がずーっと続いていました。

一生懸命働いているのに、洋服や靴や時計に贅沢するわけでもなく、ギャンブルで憂さ晴らしするわけでもなく、キャバクラ通いするわけでもなく、必死に働き蜂のように汗水たらしているダンナ殿。
そろそろ夢をかなえさせてあげないと、魂にエサをあたえないと、本当に参ってしまうかもしれない・・・

そう思い、ついについにOKを出しました!
そしてうっきうきで中古屋さん(中古限定という条件は飲んでもらった;)をめぐり、悩み熟慮してやっと運命の車を決め、さぁこれから契約段階!

というとこで、たいていは私にぜ~んぶ一任されます・・・
ギリギリまでの値切り、契約書に間違いはないか項目ごとに調べて確認(結果、取得税が多めに見積もられていたヨ)、必要書類の準備、下取り会社の選定と下取り価格の引き上げ交渉、金利を見比べオートローンを組むところを選定、なんやかんや・・・

少しでも安く済ませたいからこういうことになるんだろうけど、今後の生活を見据えると一円も無駄には出来ない!
もう本当にやることがたくさんあって、いい加減投げ出してやりたい!!!

でも、「車まだかなぁ♪」なんてウキウキしているダンナを見ては、よぉしスパートかけたるで~と頑張ってます☆

車は何かって?それは見てのお楽しみ~♪♪♪
[PR]
by kaokenken | 2008-06-10 16:18 |

事故

私自身が事故を起こしたり、事故に巻き込まれたことは一度もない。
でも、ニアミスが多々ある。

昨日も、家の目の前で事故があった。
脇見か居眠りをしていたらしく、ブレーキを踏むことなく街頭に見事に突っ込み、バンは横転。街灯はめちゃくちゃに破壊されガラスが飛び散るわ、ガソリンは漏れるわ、一見すると大惨事。
しかし幸い、運転手の男性は軽傷(たぶん)で済んだようだ。
学生たちの帰宅時間だったし、街灯のすぐ横の歩道では埋蔵文化財を発掘調査中のおじちゃんやおばちゃんたちもいたのだが、彼らも誰一人として巻き込まれることはなかった。
みんな、運が良かった。
私も、その事故のわずか5分前に、kentaをスイミングスクールに送って帰ってきたばかりだった。自宅に戻るのがあと5分遅れていたら、間違いなく事故に巻き込まれていたに違いない。

ここ半年で、他にも2回ニアミスがあった。
運転中に、目の前を走っていた車に真横から車が衝突したり・・・
高速を走っているときに、ものすごい勢いで追い抜いていった車が、たった2~3キロ先で玉突き事故を起こして3台くらい横転していたり・・・

『何かメッセージを感じない?』
昨夜ダンナに不安を漏らすと、『運転を気をつけろってことだよ』と。

単にそれだけなのかな?
ファイナル・デスティネーションという映画を、ふと思い出してしまうヨ;
[PR]
by kaokenken | 2006-08-31 12:08 |

最後の伝説

最後は、つい先月の話。
家族そろってダンナの実家へ出かけようと車に乗りエンジンをかけると、ガソリン残量がわずか・・・というか警告ランプがついていた。
でもまだ50キロ相当は走れる余力があるとも表示されている。
『行く途中でいれようね~』
と軽く考え、ダンナの運転でいざ出発!

うちは環七沿いなので、近所にはたくさんGSがあるのだが、なぜかそのどこにも寄らずスイスイ走ってくダンナ。
『いれないの?』
『もうちょい先でいいかな~と思って』
『そっか。』
ここでも軽~く考えていた。

ところがいよいよ都心に近づくと、ところところで渋滞に遭遇。
渋滞中はとっても燃費の悪い運転になるため、ただでさえ地球に優しくない我が家の貴公子くんは、リッター6キロきってしまうほどの燃費の悪いグレたヤツになってしまう。
見る見るうちにガソリン残量と余力走行距離が減っていくー!!
『ね、早くいれようよ!』
『わかってんだけど、さっきからどこのGSも休みなんだよ!』
そう、ビジネス街のGSは、ご丁寧に日曜日は会社にあわせてお休みしている。

だんだん青ざめていく私たち・・・
ついに余力が0キロに・・・なる手前で交番に寄り、確実に営業しているGSを聞くと、3キロほど先にあると。
貴公子くんの自己申告に従えば、もう3キロも走れないことになるけど・・・
でもアコードは、余力を少なめに訴えるところがあったから、走らせてみると案外走れるもんだった。
だから、きっと貴公子くんも大丈夫!
そう信じて再び走らせて最後の望みのGSへむかった。

結果、1キロくらい進んだ時に一瞬車がガクッと沈み、更に100メートル先でついにエンスト。
貴公子くんの自己申告は、いいんだか悪いんだか、とっても正確なものだった。
これがまた日本橋のど真ん中。
幸運なことに、一通の4車線道路だったので、あのでっかい車がどーんと構えていても渋滞になることはなかった。
でも、恥ずかしい・・・

すぐにディーラーの緊急コールに電話してHELPを手配し、その間にダンナも目的のGSへガソリンをもらいに走ってむかった。
道の真ん中、一人車と取り残された私・・・
後ろにはスヤスヤ眠る子供たち・・・
後ろから追突される恐れもあるので、不安だった私は緊急コールの担当者が勧めてくれたとおり、110番にも電話した。

『事件ですか!事故ですか!』という緊張した声。
『・・・事件でも事故でもないんですけど~・・・エンストです;』
重ね重ね恥ずかしい!!

近所の交番からおまわりさんを手配してくれることになり、電話を切った。
その時、バイクに乗ったお兄ちゃんが、『車動かすの手伝いますよ』と近づいてきてくれた。
でも貴公子くんは3トンあるんです・・・
お兄ちゃんも途方に暮れた顔。
すると今度は近くの工事現場から出てきたおっちゃんが、『手伝うよ~』
そして通りがかったサラリーマンも『動かすんですか?』
もう、悪い人ばっかりじゃないんだな~と感激(涙)
その3人は、路肩に動かすだけ動かして、『じゃ、気をつけて!』とさっさと散れてしまった。ろくにお礼も言ってないのに・・・心から感謝!

ここでやっと緊急コールで手配したガソリンが到着。と同時におまわりさんとダンナも到着。
助けてもらった経緯を話すと、おまわりさんは渋滞もしてないしやることもないからと、引き返していった。呼ぶ必要なかったか?スミマセン;

今回は何とかなったけど、これがもしもっと交通量の多い幹線道路だったら?高速だったら??
想像するだけで恐ろしい!!!
アナログな私たち、もう少しデジタルを信用するよう気をつけねば。
[PR]
by kaokenken | 2006-03-14 10:10 |

新車がやって来た!

昨日、半年近くも待ちに待った新車の納車日でした♪
こちらがイギリスからやってきた貴公子くん☆

f0017462_1113131.jpg

ガタイが良い割りに車幅がつかみやすくめちゃくちゃ運転しやすい!
早速昨夜は首都高を走ってみたが、思っていたよりも難しくない・・・いやむしろ走りやすい☆
それに窓が大きいので視界がとっても気持ち良いし、子供もご機嫌♪
きわめつけは車高が2トントラック並みに上がるから、もうトラックに怯えることはなくなるし、意地悪なタクシーに泣かされることもない。堂々と転がしてやる!!

幼い子供を2人乗せているからには、万が一追突されても大丈夫なくらいのクルマに乗りたい。
これがダンナと私の一致した考えだった。
まさにこの新車くんは私たちにとって白馬の王子様。
危険から身を守ってくれる、頼もしいボディーガードになってくれそう♪

長年の愛車のゴンちゃん(アコードワゴン)が、いじけてエンストでもしなきゃいいけど;
[PR]
by kaokenken | 2006-01-30 11:11 |